「カムイミンタラ」に戻る

道内時刻表(昭和43年)ページに戻る

国鉄バス 和寒線 (昭和43年)

中央バス時刻表

昭和43年6月弘済出版社「道内時刻表」より

昭和43年は高度成長期、北海道もまだ過疎化がそれほどでもなく、現在は地図から消えた小さな集落が道内各地に点在した活気がある時代ともいえます。今回は、上川管内当別鷹栖町にある知遠別地区を走っていた国鉄バスの時刻表を紹介します。

日本最北の岬は宗谷岬、日本最北の国鉄駅は稚内駅、それでは最北の国鉄バス停留所は恐らくこの国鉄バス和寒(わっさむ)線の知遠別神社前だったと思われます。現在はJRバス深名線のエンジン橋か母子里だと思います。きっと昔は、最北を目指したバスオタの蟹族が利用したなんてことはまずないでしょう(笑)

和寒なんて、中学時代に地名を知ったときはよっぽど寒いんでそんな地名なんだろうと思いましたが、勿論アイヌ語地名です(笑)そんな和寒と旭川を結んだ国鉄バス和寒線ですがすでに冬季は手前の鷹栖町知遠別地区が終点となっています。

知遠別、元はアイヌ語のチライウェンペッからきたようですが中々によき地名です。

1日3往復、通勤通学には使えませんが一応生活路線としては活用できそうなダイヤです。鷹栖町の北斗地区にある知遠別ですが、鷹栖峠の手前にある山間部に近い地域のためか知遠別小学校は昭和37年に廃校になっています。

随分早い時期の廃校ですがそれでも一番多い時期は百名を越える生徒さんが知遠別小学校へ通ったようです。現在は地区の住民も相当減っていると思われますが、やはり賑やかな時代もあったようです。

さて今では知遠別神社以外、あまり何もないように思われる知遠別ですが、道北のゴルフの聖地?「グレート旭川カントリー倶楽部」があります。旭川市内ではありませんが、旭川をグレートなレベルするとこの知遠別になるみたいです(笑)景色はHPもありよさげです。

私も北海道でゴルフするなら「グレート旭川カントリー倶楽部」と思っています。たぶん一生ゴルフするなんてことないと思いますが(爆)

日本はバブルで少しは目がさめたと思いますが、知遠別にあるゴルフ場の会員権が投機の対象になったら日本はきっと終わっていることでしょう(^^;

ところでバス路線としての知遠別ですが、平成20年も過ぎとっくに消えていると思っていましたがなんと現在も鷹栖町内発ですが知遠別神社行きが3往復あります。鷹栖町営バス知遠別線です。まだ同じ3往復あるなんてある意味奇跡だと思いました。

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」