<<北海道・樺太アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る

好きな樺太地名

ヤーサトッソ
やーさとっそ:松浦武四郎の北蝦夷餘誌に出てくる地名で、帆寄村の地名樺太の名山だった突阻だけでもいい地名ですがヤーサという掛け声みたいなものがつくところがたまらない。

アイヌ語のヤーサトッソで、ヤ・サ・トッソ(陸岸・前の・絶壁にある洞窟)と訳せます、武四郎の日記では峨々たる火焔のごとき岬との表現がなされています

できれば行って確かめたいところです。


吐鯤保
とこんぼ:漢字の当て字も素晴らしく南国ののんびりした響きに感じる地名、樺太本斗町の地名 アイヌ語のトコンボで、トコム・プ(小山・の者)でぽこんとした小山を指します。函館本線の昆布駅の語源も一緒です。

多古恵
たこい:樺太落合近くを流れる内淵川支流の地名でたこたこしてかわいい地名、アイヌ語のタコイからで、タク・オ・イ(川中の玉石・多い・処)と思われます

敷香
しすか:漢字の当て字もいいし静かな響きが最果てを感じさせてくれます。アイヌ語のシッカからで、シリ・トゥカリ(山・の手前)の転訛やスス・カ(柳の・岸)など考えられます。

倍加留
ぱいかるこたん:樺太東海岸泊岸村の地名で、名前をきくとバイカル湖が浮かびますがしっかりとしたアイヌ語です。 パイカルコタンで、パイカル・コタン(春・村)北海道の地名では聞かないパイカルが樺太ではちらほら見られることから春の重要性を感じます。

多来加
たらいか:敷香近くのタライカ湖周辺の地名で、昔は北方少数民族の雑居地だったようです。松浦武四郎の日誌もこのタライカ周辺のことが記されています。語源はわかりません。

矢向落
やんけおちょぼんと:当て字からだけではとても分からない難読地名、敷香東の散江村の地名です。語源はアイヌ語のヤンケオチョボントで、ヤンケ・オ・チェプ・ウン・ト(陸揚げする・そこで・魚・入る・沼)からきています。

時代がたつと、ヤンケオチーやむかいなどと改名させられそうな地名です。

(こういう心配はもちろんありませんが・・・)


馬群潭
まぐんたん:満州だったら馬賊でも出てきそうな地名ですが、もちろん語源はアイヌ語のマクンコタンで、マク・ウン・コタン(奥に・ある・村)からです。中部の帆寄村の地名です。

女麗
めれー:響きもいいがなんと言っても当て字が面白い、アイヌ語のメルイからで、メム・イ(泉池・処)の転訛と考えられています。大泊の東にある深海村の地名です。

用萬
ようまん:アイヌの神聖な熊送りの儀式イヨマンテを使用した地名、北海道では同じ例を見たことがありませんが、樺太には他にも手牛と言う地名もイヨマンテが語源と言われています。

北部の散江村にある地名です。アイヌ語のヨウマンからで、イヨマンテ・ウシ・イ(熊送り・いつもする・処)が略されたところ考えられています。


魯禮
ろれい:なんとも不思議な響きの地名意味は不明ですが、アイヌ語のロレイで、ル・レェ(道・名前)名前ある道の転訛だったのかもしれません。栄浜の海岸沿いの南にある地名です。

僧院

そういん:いかにも寺社関係の地名に見えますが、まったく関係なく、アイヌ語のソエンコタンからで、ソ・ウエン・コタン(滝・悪い・村)で、悪い滝のある村の意味であったと思われます。元泊郡帆寄村の地名です。


粒軽
ちびーかるし:なんとなくひ弱な感じの地名が哀愁をそそる、アイヌ語のチビーカルシで、チプ・カル・ウシ(舟・つくる・いつも〜する処)からきています。北の散江村の地名です。

幌藻
ぽろもうけ:縁起がいいような地名、駅の入場券に商売繁盛とでもしたら購入者がいそう、アイヌ語のポロモウケで、ポロ・モム・ケ(大きく・流れる・油)と訳せますが、はっきりしたことは分かりません。敷香郡内路村の地名です。

佐知
しゃちがれ:普通の人にはとても読めない地名、語義は残念ながら不明です

敷香の東にある地名です。