<<TOPへ

空知支庁

岩見沢市
札幌への通勤圏内でもあり、空知で1番人口が多い岩見沢市、明治の11年に幌内炭山への道路が掘削され、労働者用の宿舎がこの地に立てられたのが発端でそれまでは人跡まれな地域だったようです。

地名の由来は、幌内炭山への道路掘削の際に労働者がこの地で河に浴し疲れを癒したので「ゆあみ沢」と称したのが岩見沢に転訛したものといわれていますが実際は不明です。


美唄市
空知炭田でかっては発達した地域で三井・三菱の美唄炭鉱や炭鉱専用の美唄鉄道、函館本線の南美唄支線などがあり昭和40年代は非常に活気のある町だったようです。現在は炭鉱もなくなり、かっての炭鉱跡がメモリアルパークになっています。また東明地区には美唄鉄道時代の駅舎や機関車が現在も大事に保存されています。

地名に由来はアイヌ語のビバイで、ピパ・オイ(烏貝・多いところ)からです。


夕張市
北海道の炭鉱の代名詞になっていた夕張、かっては縦に細長い街にたくさんの炭鉱や炭住がありました。近年は石炭歴史の村やメロン・国際映画祭・レースイリゾートなど観光の街へ脱皮を図っています。街の歴史を物語るように夕張駅は近年2回も移転(短縮)しています。また南部地域には三菱大夕張鉄道保存会の手で当時の車両が大事に保存されています。

映画「幸せの黄色いハンカチ」や「北の零年」のロケ地として有名です。

地名の由来はアイヌ語のユーパロで、ユ・パロ(温泉・口)(鉱泉・口)イ・パロ(その・口)など諸説があります。現在ユーパロの湯という温泉があります。


滝川市
空知川と石狩川が合流する滝川市、JR根室本線の分岐駅で交通の要衝となっています、戦前には周辺の石炭を利用した国策の人造石油工場が作られた歴史があります。

地名の由来はアイヌ語のソラプチで、ソ・ラプチ(滝・勢い良く流れ落ちる処)の意訳といわれています。


深川市
農業の盛んな街ですが、明治時代には雨竜川のペンケホロマップの沢あいに3000人ものひとが砂金を目当てにやってきた意外な歴史もあります。

地名の由来はアイヌ語のオーホナイ(現 大鳳川)=オオホ・ナイ(深い・川)の意訳といわれています。


芦別市
芦別もかって炭鉱がたくさんあった炭鉱の街でした、現在は三井芦別の旧駅舎や炭山橋に残された機関車と貨車が当時を物語っています。現在は「星の降る里 芦別」として観光に力を入れています。

地名の由来はアイヌ語のハシュベツで、ハシュ・ぺッ(潅木・川)またはアシベツで、アシ・ベツ(立った・川)両岸が切り立った峡谷になっているの2説あります。


赤平市
赤平も炭鉱の町で現在も街の中心に住友赤平炭鉱の立鉱櫓が残っておりライトアップすることもあるそうです。根室線の赤平駅は周辺とまったく調和していない巨大なものになっています。

地名の由来はアイヌ語のアカピラで、アカ・ピラ(尾根の・崖)と考えられます。


歌志内市
歌志内も炭鉱で栄えた町で近年まで北炭系の空知鉱があったところで現在も立鉱櫓がのこっています、かっては砂川より歌志内線が走っていましたが廃止されました。人口が1万人以下で日本一人口が少ない市として有名です

私に北海道の炭鉱を意識させてくれた街が歌志内でした、現在は随分小奇麗な街になっています。

地名の由来はアイヌ語のオタウシナイで、オタ・ウシ・ナイ(砂・多い・沢)より


砂川市
砂川の駅からはかって歌志内や上砂川へ鉄道が走っていましたが炭鉱の閉山や人口の流失で鉄道も廃止され、寂しくなりました。

地名の由来は歌志内といっしょで、こちらはアイヌ語のオタウシナイの意訳を使用しています。


三笠市
北海道炭鉱の元祖というべき幌内をはじめ奔別や幾春別などのあった炭鉱の街、現在は奔別に東洋一の立鉱が残り幌内地区や旧三笠駅には鉄道村や記念公園が出来ています。又恐竜の化石が出たことでも有名です。

地名の由来は三笠小学校の裏山が奈良の三笠山に似ていたことから来たそうです。


浦臼町
石狩川沿いの農村地帯、旧川道跡に鶴沼、新沼など多くの沼を残しています。

地名の由来はアイヌ語のウライウシナイで、ウライ・ウシ・ナイ(梁・ある・川)より。


雨竜町
暑寒別国定公園の雨竜沼湿原のある町で、かっては国鉄の札沼線が通っていましたが廃止されています。

地名の由来はアイヌ語のウリロベツで、ウリリ・ベッ(鵜の・川)といわれています。


上砂川町
三井砂川鉱があった炭鉱の街、現在も近年まで無重力センターとして使用された立鉱が残る。また、砂川より函館線の支線が上砂川まで延びていましたがこちらも現在は廃止され、駅舎が大事の保存されています。

地名の由来は砂川との分離の際に、両方を流れるパンケ歌志内川の上流部にあたることから命名されています。


北村
岩見沢の隣にある農村地帯、私も迂闊なことに近年まで知りませんでした。

地名の由来は開拓の祖 北村雄治氏の姓にちなんでだそうです。


栗沢町
幌向川沿いにある街でかっては、万字や美流渡に炭鉱があり賑わった街です。現在は果物栽培が盛んです。国鉄万字線は廃止されましたが、栗沢には室蘭線が現在も通っています。

地名の由来は地内の石狩川を望む丘陵地帯に天然の栗の木が多かったことから命名されています。


栗山町
現在も室蘭線の通る栗山ですが、かっては夕張鉄道が走り、たくさんの石炭貨車が走ったところでした。現在も所々に夕張鉄道の跡が残っているようです。現在は夕鉄バスが同区間を運行しています。

地名の由来はアイヌ語のヤムニウシで、ヤムニ・ウシ(栗の木・多いところ)の意訳といわれています。


新十津川町

奈良県の十津川村の住民が明治22年の暴風雨で壊滅的打撃を受け住民2500人余が集団移転したことで有名な町です。現在、札沼線の終着駅は新十津川です。といっても3往復だけの静かな終着駅です。

町名の由来はもちろん奈良県の母村である十津川村にちなんでいます。


秩父別町
留萌本線沿線の水田地帯です。

地名の由来はアイヌ語のチクシベツで、チ・クシ・ぺッ(我ら・通る・川)といわれています。


月形町
樺戸集治監があったことで有名な月形町、現在も建物の一部が北海道行刑資料館として公開されています。この付近の歴史を知るには吉村明氏の「赤い人」がお奨めです。

町名の由来は初代樺戸集治監典獄の月形潔の姓に由来しています。


奈井江町
美唄市と砂川市の間にある農村地帯。

地名の由来はアイヌ語のナイ(沢)の転訛といわれています。


長沼町
長沼ナイキ基地訴訟の舞台になった長沼町、温泉もある豊かな農村地帯です。札幌からもジェイアール北海道バスが走っています。

地名の由来はアイヌ語のタンネトで、タンネ・ト(長い・沼)の意訳です。


南幌町
田園地帯だが近年札幌のベットタウンとして人口が増加する町です。

地名の由来はアイヌ語のポロモイ(大きい・静かな川流れのところ)に由来し夕張鉄道の南幌向よりミナミホロとするが読みずらいのでナンポロと改めたようです。


沼田町
幌新太刀川沿いの石狩平野最北部の田園地帯ですが、かっては昭和炭鉱や恵美島駅より留萌鉄道が分岐し、街の中心の石狩沼田駅は札沼線の終着駅でもありました。現在炭鉱跡は幌新ダムに沈んでいますが一部を見ることが出来るようです。また、留萌鉄道の機関車として人気のあったクラウス15号機関車が町の文化財として保存されています。

地名の由来は開拓功労者の沼田喜三郎の姓にちなんでいます。


北竜町
ひまわり畑で有名な北竜町、果物の栽培も盛んですとくにここの黄小玉スイカはお奨めです。かっては札沼線の沿線でしたが廃止され現在は中央バスが同区間を走っています。

地名の由来は雨竜村との分村の際に母村より北に位置していたため北竜と名付けたようです。


幌加内町
北海道でも指折りの厳寒で豪雪地帯の幌加内町、かっては深名線が町内を走っていましたが現在は代行バスが走っています。巨大な人造湖の朱鞠内湖や幌加内そばが有名です。政和地区には温泉もあります。日本一の寒さを観測した母子里地区も幌加内のなかになります。過疎化の進む町でもあります。

町名の由来はアイヌ語のホロカナイで、ホロカ・ナイ(後戻りする・川)で、下流に流れる川があたかも上流へ向かうかのように川流れの道を上流方向に変えているところをさします。


妹背牛町
石狩川と雨竜川にはさまれた田園地帯です。

地名の由来はアイヌ語のモセウシで、モセ・ウシ・イ(イラクサ・繁茂している・処)


由仁町
室蘭線沿線で夕張川沿いの穀倉地帯。

地名の由来はアイヌ語のユウニで、ユ・ウン・イ(温泉・ある・処)または、イ・ウン・イ(蛇・多い・処)といわれています。現在ユンニの湯という温泉施設が町内にあります。