北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
JRバス 深名線のアイヌ語地名@

JRバス 深名線

このコーナーでは、路線バスの中でも私が一番好きな深名線のアイヌ語地名を写真と共に紹介します。深名線は平成7年に廃止されましたが、現在はジェーアール北海道バスで運行されています。運賃も鉄道時代と余り変わらず景色もいいし、運転手さんも親切で町内会のバスに乗っているような楽しい路線です。(乗車 平成19年3月31日)

今回は第1回目として深川〜幌加内間を紹介します。鉄道時代は120キロぐらいでしたがバスになって距離は140キロほどになっています。

幌加内までの鉄道時代の駅 深川−円山−上多度志−多度志−宇摩−幌成−下幌成−鷹泊−沼牛−新成生−幌加内

幌加内までのバス停 深川駅 - 深川市役所通 - 一已7丁目 - 大師 - 五番通 - (丸山公園前)- 達府 - 円山 - 上多度志 - 中多度志 - 多度志神社前 - 多度志 - 弥栄 - 屈狩橋 - 下宇摩 - 宇摩公民館前 - 上宇摩 - 幌成 - 上幌成 - 鷹泊 - 鷹泊自然公園入口 - 幌加内峠下 - 下幌加内 - 下幌加内会館前 - 沼牛小学校前 - 新成生 - 新成生三叉路 - 平和 - 幌加内高校前 - 幌加内 (快速便を除く)

深川駅

深名線の起点のJR深川駅

深川駅

深名線は左側の列車の反対ホームから出発していました。

バス停

ちょっと読みづらいですがバス停に全バス停が記入されています。

JRバス 深名線

早速発車、残念ながら快速便のため、多度志までは省略(^^;、円山を経由する便にはかって駅の無かった達布(たっぷ)というバス停がありますが、これはコップ山の元名のアイヌ語のを(こぶ山)の後略した地名です。山名が逆に前略されたものになっています。

JRバス 深名線

バスは丘を越え多度志の集落に入ります。

JRバス 深名線

集落に入る手前の川が多度志川

多度志川ですが、アイヌ語のナイツ・シ・ナイ(樺・群生する・沢)からきた地名です。現在、鉄道時代の駅舎は撤去済みです。鉄道時代は深川に近いこともあり一番利用客が多い駅だったようです。

JRバス 深名線

多度志バス停。

JRバス 深名線

多度志対岸の(沼田町)東予地区、昔ですが仕事で東予農協の品物を扱っていたので懐かしい(^^、もちろんこの地区は愛媛県からの移住者の開拓した集落です。

JRバス 深名線

多度志を過ぎて次ぎは駅のあった宇摩(うま)地区に入ります。こちらも愛媛県の宇摩郡の開拓者の集団移住した集落です。現在駅舎等は撤去済みです。

JRバス 深名線

宇摩を過ぎると雨龍川の対岸地域にウッカ地区が見えてきます。

ウッカ地区はアイヌ語のウッカヤオマナイ=ウッカ・ヤ・オマ・ナイ(浅瀬・岸・ある・沢)から来た地名の前部分が残った地名です。

JRバス 深名線

幌成駅の駅舎は現在も工事事務所として使用中です。(深川より車窓左手)

幌成(ほろなり)は雨龍川の支流幌内川から来た地名でアイヌ語のポロナイ=ポロ・ナイ(大きい・沢)を意味します。ただ、幌内駅があったため当て字を変えて幌成とし読みも(ほろなり)と転訛した地名です。

JRバス 深名線

それなりの幌成集落中心街

JRバス 深名線

幌成の語源の幌内川

JRバス 深名線

やがてバスは雨龍川沿いに次の鷹泊地区を目指します。

写真中央部付近が地形図で鷹泊岩があった場所です。残念ながら雪で隠れているようですが(^^;地名の語源の一つと考えられている場所でもあります。

JRバス 深名線

やがて鷹泊の集落が見えてきます。(右端)

JRバス 深名線

現在も残る深名線 鷹泊駅 (深川よりバス車窓右手)

鷹泊ですが、語源はアイヌ語のチカップオ=チカップ・オ(鳥・多い)からきています。ここまでが深川市多度志町になります。ここから幌加内峠を越え幌加内町に入ります。

JRバス 深名線

峠の途中で深名線の跨線橋を通過、線路跡がよくわかります。

JRバス 深名線

峠を降りて幌加内峠下バス停

JRバス 深名線

峠を下り沼牛を目指します。

JRバス 深名線

雨龍山地方面はまだ雪がいっぱいです。

JRバス 深名線

まず沼牛駅舎がホーム側から見えます。(深川よりバス車窓右手)

JRバス 深名線

バスはここで道を替え沼牛駅のあった集落に入ります(深川よりバス車窓右手)

沼牛駅

ちなみにこちらは現役時代に途中下車した際の沼牛駅です。屋根色が微妙に変わっています。

JRバス 深名線

バスは沼牛小学校のあった場所を目指し直線を走ります。

JRバス 深名線

夏は一面の蕎麦畑になるんでしょうね♪

JRバス 深名線

沼牛の語源になった沼牛川

沼牛ですがアイヌ語のヌマウシホロカナイ=ヌ・ウ・ホカ・ナイ(木の実・多い・後戻りする・沢)からきた地名です。

JRバス 深名線

現在は閉校になった沼牛小学校100年の文字が悲しい(^^;

JRバス 深名線

バスは新成生を目指します。現在鉄道時代のものは残っていません。

JRバス 深名線

まもなくバスは大きく右に曲り幌加内の集落に入ります。ちょうどカーブの所を雨煙内川が流れています。(2年ほど前の写真です)

JRバス 深名線

雨煙内川を渡ります。

雨煙内ですが、アイヌ語のウエンナイ=ウエン・ナイ(悪い・沢)から来た川名です。北海道に非常に多い地名で同義語の駅に植苗駅があります。また廃止された天北線の宇遠内駅も同義語の駅でした。

JRバス 深名線

バスは、沿線一の幌加内の集落に入ります。現在も学校や役場があるほか名物の幌加内そばのお店も数軒あります。バスも運行上はここで名寄行きと分かれています。同じバスですが(^^;

地名はアイヌ語のホロカナイ=ホカ・ナイ(後戻りする・沢)からきた地名です

JRバス 深名線

現在旧駅舎は焼失してこの豪華新ターミナルに入ります。2階が深名線資料室になっていますがお休みで見られませんでした。(大涙・・・)、現在駅跡には駅名標や記念のモニュメントがあるようです。(2年ほど前の写真です)

JRバス 深名線

というわけで第1回目はここ幌加内で終了します。2回目はいつになるか分かりませんが、そのうち気が向いたときに作ります。(^^;;一応画像だけ作りました(笑)

深名線のアイヌ語地名A

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

宗谷北線関連コンテンツ

宗谷線雪レ スケッチ@ 宗谷線雪レ スケッチA

冬の宗谷線スケッチ2011@ 冬の宗谷線スケッチ2011A

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏@ 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏A 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏B

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏C 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏D 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏E

宗谷本線 車窓の旅 春@ 宗谷本線 車窓の旅 春A 宗谷本線 車窓の旅 春B

宗谷本線各駅停車 車窓の旅@ 宗谷本線各駅停車 車窓の旅A 宗谷本線各駅停車 車窓の旅B

宗谷北線のアイヌ語地名 宗谷北線のアイヌ語地名A 宗谷北線のアイヌ語地名A

宗谷線 旅日記(08年)  厳寒の宗谷北線 スケッチ  早春の宗谷線スケッチ

天北線関連コンテンツ

天北線さんぽ@(音威子府〜小頓別) 天北線さんぽA(小頓別〜敏音知) 天北線さんぽB(敏音知〜松音知)

天北線アさんぽC(松音知〜新弥生) 天北線さんぽD(新弥生〜浜頓別)

稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)@  稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)A

天北線のアイヌ語地名 

留萌・羽幌線関連コンテンツ

留萌本線のアイヌ語地名 羽幌線のアイヌ語地名@ 羽幌線のアイヌ語地名A

深名線関連コンテンツ

深名線のアイヌ語地名@ 深名線のアイヌ語地名A

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 夕張モノクロ紀行A 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

札沼線のアイヌ語地名 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011

夕張モノクロ紀行 奔別・幌内紀行 歌志内・上砂川モノクロ紀行

日高本線関連コンテンツ

日高線アイヌ語駅名 日高本線アイヌ語地名さんぽ@ 日高本線アイヌ語地名さんぽA

道東関連コンテンツ

標津線のアイヌ語地名 釧路町のアイヌ語地名

北海道 鉄道・路線バス・時刻表関連

北海道の列車・駅 北海道 バスの風景 道内時刻表