「カムイミンタラ」に戻る

道内時刻表(昭和43年)ページに戻る

国鉄標津線 (昭和43年)

国鉄 標津線

昭和43年6月弘済出版社「道内時刻表」より

昭和43年の道内時刻表で見る国鉄標津線は、廃止間際と比べ本数も多く準急や急行列車も走り充実しています。中標津は現在でも大きい町ですがこの時代も駅弁はなく起点の釧網本線標茶駅にだけ駅弁マークが見えます。

それにしても、根室標津〜中標津は非常に本数も多いし、根室標津から厚床行きが2本あったことや準急「らうす」急行「くなしり」が目を引きます。今も根室線に快速「ノサップ」「はなさき」がありますが「ノサップ」「くなしり」でもよさそうな気もします(笑)、まぁ〜愛称どおり、根室標津駅からちょっと歩けば、よく国後島が見えました。

標津線は標茶が起点と思いますが途中の中標津で枝分かれし終点の根室標津と根室本線の厚床までの路線に分かれる珍しい路線でした。

標津線には2回乗りましたが、景色は本当に北海道(牧歌)的でよかったです。代替バスでも景色はとても良かったのでバスでも乗る事をお勧めしたいです。

思い出としては、根室標津駅近くのお土産やさんであんまり美味しくないラーメンを食べていたらお店のおばさんが美味しいホタテの貝柱を沢山食べさせてもらい感動したり、旅で知り合った女性と西春別まで往復した記憶があります。

その他、標津線の乗客の高校生がとっても美人で見ほれていたり(笑)、代替バスに乗っていたら奇麗な女性が代替バスの写真を運転手に断って撮っていたり、某所の市場で働いていたら保険外交員の女性が西春の娘で、とてもいい娘で会って立ち話をするのが楽しみな時代があったし、あそこら辺は牛乳が美味しいので女性も美しいようです(笑)

だんだん本題から話が逸脱してきてるのでこの辺でやめときます(汗)

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」