「カムイミンタラ」に戻る

道内時刻表(昭和43年)ページに戻る

国鉄札沼線 (昭和43年)

国鉄 札沼線

昭和43年6月弘済出版社「道内時刻表」より

昭和43年の道内時刻表で見る札沼線は、札沼線の由来どおり、札幌駅と留萌本線の石狩沼田駅を結ぶ路線として存在しているところが一番の特徴です。現在、札幌付近は学園都市線として発展し本数や駅も増え、今度は電化の話が出るほど活況を呈していますが、末端部分は昭和47年に廃止されるほどのローカル線でした。

現在も北海道医療大学駅以降は、乗客も減るローカル線で特に浦臼〜新十津川間は1日3往復しかないローカル線です。

昭和43の時刻表を見ると、札幌付近は現在と比べ本数が極端に少ないですね。あと目に付くのは浦臼駅の駅弁マーク、急行列車すら走っていない札沼線の途中駅に駅弁マークが意外です。

また、以前は浦臼で運行上分けられていたことがわかります。戦中に樺太の鉄道線路のため石狩当別〜石狩沼田間が休止したことがありましたが、なぜ廃止区間が新十津川から先になったんでしょうか。反対運動や輸送実績などが考えられますがちょっと不明です。廃止後は国鉄バス(JRバス)で代替バスを近年までそれなりの本数で運転していましたが、現在は中央バスに変わり3往復ほどになっています。

あと特筆すべきは、石狩沼田〜碧水間の休日運休の下校列車(650D)が運転されていた点でしょう。新十津川までは何度か乗った札沼線ですが、札幌より車窓左側は石狩月形ぐらいから割合景色がいいです。廃止区間がどんな車窓だったか気になりますが、あの辺なのでのんびり石狩平野を走っていたんでしょうね。冬は雪多き空知です。

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」