北海道・樺太アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」に戻る

明治樺太地図のページに戻る

明治樺太地図B (豊原・眞岡)

明治樺太地図 豊原

明治38年発行の樺太地図

特徴:日本陸軍が樺太を占領して間もない時期の樺太地図、殆どがカタカナ表記で漢字の地名は一部のみアイヌ語地名やロシア語の地名が混在しているのが一番の特徴です。

地図上の主な地名 (南から)

@千歳湾

亜庭湾の中でも一番奥の大泊付近の湾を指すようです。千歳は軍艦名、近くにある對馬(つしま)崎はアイヌ語地名ヱンルムカ=エンルム・(岬・上)より軍艦の對馬にちなんで改名された地名です。もっといい地名がよかったと思います。。

Aペルワヤパーチ

千歳湾に面した大泊(コルサコフ)のすぐ上にある地名、昭和時代の一ノ澤に該当、もちろんロシア語の地名である。ペルワヤは1、パーチは沢を意味し一ノ澤を露語に意訳した地名であったことがわかる。ここから豊原方面への内陸沿いの地名は露語地名ばかりで露領時代は比較的露人が多かったことが理由として考えられる。

Bクバ

反対から読んでバクーとでも読みたくなる地名だがクバが正しい、昭和時代の江の浦に該当、旧称はアイヌ語のナクベでマクンペ=マク・ウン・ぺ(奥・にある・もの)が転訛した地名かもしれません。

Cホムトフカ

昭和時代の樺太、豊原よりやや南にある大沢駅に該当、勿論この付近に多い露語地名である。

Dウラジミロフスキ

昭和時代の樺太中心、豊原に該当し鉄道でいえば北豊原駅付近になるらしい。江戸時代はオロコトイまたはイナヲカルシ=イナウ・カ・ウ・イ(イナウ・作る・いつも〜する・ところ)に該当する。現在のユジノサハリンスクである。ウラジミロフカは没地名になってようです。

Eスシア川

昭和時代の樺太鈴谷岳を源流に亜庭湾へ流入する鈴谷(すずや)川に該当、アイヌ語のシュシュヤナイ=シュシュ・ヤ・ナイ(柳・岸・川)である。樺太では北部敷香の幌内川に並ぶ大河である。

Fダーリネエ

昭和時代の樺太豊原近くの軍川(いくさがわ:旧西久保村)に該当、日露戦争時の樺太の激戦地として知られるダリネー勿論ロシア語地名です。西久保はこのダリネーでの戦闘で戦死された陸軍の西久保少佐にちなんだ地名です。

Gブスタキ

昭和時代の樺太豊原近くの川上に該当、川上は温泉や炭鉱で有名な場所でした。ブスタキも露語地名と思われますが一度聞いたら忘れられない地名です。

Hトナイチャ湖

昭和時代の樺太東岸の富内湖(トンナイ)に該当。江戸時代はトンナイチャ=ト・ウン・ナイ・チャ(湖・に入る・川・岸)からきた地名だが、日領時代に残念ながら略された湖名である。ありがたいことに現在は以前のとおり、トナイチャ湖とアイヌ語地名に戻されています。

Iチヲレヲナイ

昭和時代の樺太東岸:蝶内(チョールヤナイ)に該当、原名チオリヤナイとある、無理に訳せばチュウ・オ・リヤ・ナイ(波・ある・そこで越年する・川)と訳せます。

Jシマオカタン

おもわず島岡さんと言いたくなる地名だが昭和時代の樺太東海岸:島古丹(シュマコタン)に該当、アイヌ語のシュマ・オ・コタン(岩・多い・村)からきた地名。

Kタコンボ

昭和時代の樺太西海岸:吐鯤保(トコンボ)に該当、元々はアイヌ語のトコンボだったが露領時代にタコにされたか地名の誤記載かいづれかであろう。アイヌ語のトコ・プ(小山・もの)、函館線の昆布駅はこのトコを使った地名である。

Lハンドケシ

昭和時代の樺太西海岸:本斗(オンドケシまたはホント)樺太西海岸の重要な港で稚内との稚斗航路(ちとこうろ)や海馬島への連絡船が運航されていました。アイヌ語のポン・ト・ケシ(小さい・海・端)よりきた地名。

Mトノブシ

昭和時代の樺太西海岸:遠節(トブシ)、元もとはトプシナイポ=ト・ウ・ナイ・ポ(竹・多い・沢の・子供)〜ナイポといった地名が多いのが樺太アイヌ語地名の特徴のひとつです。小さい川が多かったためと思われます。残念ながら明治の地名改正で殆どが略されています。

Nアサンナイ

昭和時代の樺太西海岸:麻内(アツサンナイ)、アイヌ語のアサ・ナイ(湾などの奥の・川)からきた地名、昭和の樺太地図では他の地域に埋没し目立たないが明治の地図を見るとコルサコフに並び大きく記されており、露領時代は、極めて重要な地であったことが伺えます。

Oテーヤ

昭和時代の樺太西海岸:手井(テーヤ)、アイヌ語のテネ・ヤ(どろどろしている・岸)が転訛した地名、昆布などで海岸がぬるぬるしていた場所、北海道の手宮と同系列の地名と思われます。豊眞線にあった手井(テイ)駅になります。

Pマウカ

昭和時代の樺太西海岸:眞岡(マウカ)に該当、鉄道は(まおか)樺太西海岸では本斗港とともに不凍港として重要な港でした。旧称はエンルンコマナイ。マウカはマウ・カ(風・岸辺)または(浜茄子・岸辺)からきた地名と思われます。

Qアラクアイ

昭和時代の樺太西海岸:荒鯉(アラコイ)に該当、アイヌ語のアラコイは胡瓜魚を意味します。胡瓜魚が多く遡上する川からきたアイヌ語地名のようです。

Rモシラホ

昭和時代の樺太西海岸:藻白帆(モシララホ)に該当、アイヌ語のモ・シラルハ(小さい・引き潮)が転訛した地名かもしれない。

樺太地図 

昭和2年発行の樺太地図(豊原・眞岡)方面

上の時代の樺太地図と比較してお楽しみください。

樺太地図 

今回紹介した、豊原・眞岡は黒枠内の地域です。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

樺太関連コンテンツ

樺太地図 明治樺太地図

樺太写真帖 懐かしの樺太写真館

樺太の広告 樺太大百科 樺太名所案内

稚泊連絡船史 樺太の鉄道 樺太の航路

樺太 海馬島 樺太 泥火山 樺太 海豹島

樺太列車時刻表 樺太の地名 樺太アイヌ

海馬島 地名考 樺太自動車線 

千島関連コンテンツ

千島写真館 千島百科 千島地図