北海道・樺太アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」に戻る

明治樺太地図のページに戻る

明治樺太地図@ (白主・能登呂)

明治樺太地図 能登呂

明治38年発行の樺太地図

特徴:日本陸軍が樺太を占領して間もない時期の樺太地図、殆どがカタカナ表記で漢字の地名は一部のみアイヌ語地名やロシア語の地名が混在しているのが一番の特徴です。

地図上の主な地名 (南から)

@近藤岬(ノトロ)

昭和時代の西能登呂(ニシノトトロ)岬、江戸時代のノトロに該当、樺太の南端で現在のサハリン・クリリオン岬に該当、近藤岬は、占領時に新地名として改名したようだがその後の経過を見ると普及しなかったらしい(笑)江戸時代の探検家「近藤重蔵」からつけられた地名か?やはりアイヌ語地名通りノトロが一番すっきりします。

Aシラヌシ

昭和時代の白主(シラヌシ)、江戸時代は樺太の玄関口と行った場所で勤番所もおかれ久春古丹(クシュンコタン:大泊)と並ぶ港として栄えました。西能登呂岬に近く稚内からもっとも近い港でした。

Bウインデス岬

昭和時代の樺太西海岸:遠知志(ウエンチシ)、江戸時代のウヱンチシなのでなんとなく日本領になってアイヌ語に忠実な表記に戻されています。悪い立岩にふさわしい独特の岬だったようです。

Cウエンノチ川

昭和時代の樺太地図には見当たらないものの陸地測量部の地図には同じく樺太東海岸にウエンノチ岬と記載されています。稚内市の声問岬もアイヌ語でウエンノッと呼ばれ、住所字名は最近まで声問村字ウエンノチと名乗っていました、無くなって残念!(涙)

D海馬島

現在ロシアのモネロン島で江戸時代のトドモシリに該当する樺太西海岸沖にある花の島である。島に記されたコログラサ岬・ナブセルクチー岬はアイヌ語地名ではなく恐らくはロシア語の地名と思われます。トドモシリは日露戦争による樺太占領時に海馬島へ変更されています。

Eドロカワ河

昭和時代、樺太東海岸能登呂村泥川に該当、江戸時代はトマリオンナイ、明治の樺太地図には珍しく和語の地名なので早い時期から和人が漁などで利用していたことが窺い知れます。

Fウーネ

昭和時代の樺太西海岸:宇仁(ウエニ)に該当、江戸時代はウヱ二、ウーネと記され一瞬ロシア語かとも思えるが露領時代にウエニがウーネに変化したのであろうか。

Gべスツ川

昭和時代の樺太東海岸:菱取(ヒストル)に該当、江戸時代のヘシトウロに該当地名が露領時代にべスツに変化したものと考えられる。海岸側は地形が険しく樺太親不知と呼ばれた付近である。

Hウリコム川(ウリエ

昭和時代の樺太東海岸:雨龍川(雨龍浜)に該当(地図の樺太東海岸一番上)、江戸時代はウルウと呼ばれた地名が露領時代に微妙に変化している。ロシア語でも聞き取りづらかったのか(^^;

Iシンナイ川

昭和時代の樺太西海岸:椎内(シイナイ)に該当(地図上の樺太西海岸一番上)、江戸時代のシーナイと呼ばれていました。微妙に変化しているだけの地名です。近くには炭鉱で栄えた内幌があり椎内川流域は入植が行われていました。それにしても漢字だけ見ると稚内と間違えそうな椎内です(笑)

樺太地図 能登呂

昭和2年発行の樺太地図(白主・能登呂)方面

上の時代の樺太地図と比較してお楽しみください。

樺太地図 能登呂

今回紹介した、白主・能登呂は樺太でも一番、稚内(北海道)に近い地域です。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

樺太関連コンテンツ

樺太地図 明治樺太地図

樺太写真帖 懐かしの樺太写真館

樺太の広告 樺太大百科 樺太名所案内

稚泊連絡船史 樺太の鉄道 樺太の航路

樺太 海馬島 樺太 泥火山 樺太 海豹島

樺太列車時刻表 樺太の地名 樺太アイヌ

海馬島 地名考 樺太自動車線 

千島関連コンテンツ

千島写真館 千島百科 千島地図