「カムイミンタラ」に戻る

道内時刻表(昭和43年)のページに戻る

国鉄根北線 (昭和43年)

国鉄 根北線

昭和43年6月弘済出版社「道内時刻表」より

昭和43年の道内時刻表で見る国鉄根北線は、1日3往復、土曜日は半ドンの通学生のため一本増えますがそれでも4本と当時から非常にローカル線だったことが分かります。昭和32年に一部開業した根北線ですがこの時刻表の2年後昭和45年には廃止されています。越川から先は標津線の終点、根室標津駅を結ぶ路線として計画された路線でしたが越川から先は殆ど計画だけで終わっています。

廃止後に生まれた私は根北線など正直全く分かりませんが、友人と知床に行った際にあった旧以久科駅を思い出します(現在は撤去済み)斜里らしい広大なジャガイモ畑にぽつんと小屋みたいにあった駅舎が印象的でした。

あと根北線の廃止代替バスというわけでもありませんが21世紀初頭まで斜里から越川まで斜里バスが運行されていました。本数、最後は1本だけでまさに路線維持のためにあるような路線でしたがとうとう廃止になっています。

北海道の場合、過疎化が原因で沢山のローカル線が廃止されましたが、21世紀になりその廃止ローカル線の代替バスも次第に力を失い、かっての鉄道ルートではたどれない(富内線)・行けない(万字線・札沼線廃止部分)路線が出てきているのは残念なことですが利用者あっての公共交通という側面を考えれば致し方ないことなのかもしれません。

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」