カムイミンタラ北海道・樺太アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
樺太の鉄道

樺太 鉄道

樺太東海岸線を走行中の蒸気機関車

樺太 鉄道

樺太:鉄道事務所

敷香駅

南樺太の要衝 敷香駅

豊真線

樺太:豊真線の名所だったループ橋

樺太の鉄道の始まりは、1939年に陸軍の樺太守備隊が軍需輸送のために楠渓ーウラジミロフカ(豊原)間に軍用軽便鉄道を敷設したのが始まりと言われています。

明治40年の軍政廃止により、樺太の鉄道運営は樺太庁に移管されました。その後明治44年には樺太東海岸線の全区間(大泊−栄浜間)が開通しました。

大正3年に川上線、昭和3年には豊真線・同12年には樺太西海岸線の全線が開業、昭和16年には樺太鉄道株式会社線(落合ー敷香間)を樺太庁で買収、18年には内地との一貫運営のために鉄道省へ移管され樺太鉄道管理局が設置されました。

国防上の必要性や樺太奥地開発のために樺太東線(東海岸線敷香以北)の建設が急がれ、昭和19年には国境まで18キロの古屯まで開通したところで敗戦を迎えました。

樺太東線  (大泊港ー古屯)  414.7キロ     全通 昭和19年10月15日

        (落合ー栄浜)   10キロ        全通 明治44年12月17日            

         (栄浜ー栄浜海岸) 1.8キロ      全通 大正3年4月1日

樺太西線  (本斗ー久春内)  170.1キロ     全通 昭和12年12月1日

        (本斗ー浜本斗)  1.3キロ       全通 昭和5年10月29日

         (眞岡ー浜眞岡)  1.8キロ       全通 昭和4年12月15日

川上線   (小沼ー川上炭山) 21.9キロ      全通 大正11年11月1日

豊真線   (豊原ー手井)    83.8キロ      全通 昭和3年9月3日

樺太の私鉄線は、製紙用の木材や資源開発目的の南樺太鉄道や石炭輸送のための南樺太炭鉱鉄道・内川炭鉱専用線、石炭から航空機用のガソリンを精製するわが国初の人造石油会社の内淵人造石油専用線がありました。

尚、南樺太炭鉱鉄道と内淵人造石油専用線は昭和20年3月に合併し帝国燃料興業内幌線・帝国燃料興業内淵線と改称しています。

南樺太鉄道     (新場ー留多加) 18.6キロ    全通 大正15年10月1日

南樺太炭鉱鉄道  (本斗ー内幌炭山) 16.4キロ   全通 昭和6年12月1日

内川炭鉱専用線  (敷香ー内川)   17.4キロ    全通 昭和11年7月1日

内淵人造石油専用線(大谷ー内淵)  12.5キロ    全通 昭和19年4月1日

国営自動車線は、樺太の鉄道代行線として樺太の地方開発上に重要な使命を持つものとして2路線が運営されていました。

本留線    (留多加ー本斗)  71.5キロ      全通 昭和10年8月18日

内恵線    (内路ー恵須取)  107.3キロ     全通 昭和14年6月1日

樺太の地図を見てみる

昭和20年8月の樺太時刻表を見る

樺太鉄道沿線案内

昭和10年 樺太年鑑より

樺太庁鉄道沿線

大泊駅付近

神楽岡公園:大泊町の中央部にある公園で見晴らしよく、大正天皇の御来幸を記念して公園に。

樺太寒天会社工場:楠渓町駅より25町、遠淵湖の特有の草を寒天にした工場

樺太庁観測所:楠渓町駅より約4町の中央高地にあり樺太の気象を研究するものはここがおすすめ

樺太冷凍株式会社:大泊駅より約10町、樺太産魚類の冷凍の試みに成功しつつある。

日露戦役上陸記念碑:大泊駅より3里の女麗にある

貝塚駅付近

貝塚:駅より西北約10町鈴谷川の川口右岸付近に多数の貝塚があり歴史上参考になるものが多数ある。

大北産業の養狐場:貝塚駅より約20町、南貝塚にある。

新場駅付近

貝塚:駅より南西約15町の海岸2・3町に大小十数か所ある。

豊原駅付近

樺太神社:旭ヶ丘の中腹にある景勝地で本島の総鎮守として崇敬すこぶる高く参拝者は1年に2万人を超える。

旭ヶ丘ジャンプ台:樺太神社の南面にあり世界記録の80メートルまでの飛躍が可能な全国稀に見る優秀なジャンプ台

鈴谷岳:豊原東北の清川上流2里あまりで高さ1045メートル、頂上より豊原市街・小沼・富内湖などの雄大な景観がのぞまれる。

庁立博物館:駅より13町の東5条南1丁目にある。

富内湖:豊原に最も近い豊南駅より自動車にて2時間、風光明媚な天然大公園です。

樺太製薬株式会社:樺太名産果実のフレップを使ってワインを製造している。

小沼駅付近

樺太庁中央試験所:駅より徒歩15分、豊原からの遊覧者が多く、養狐が頗る盛んである。

川上温泉:小沼より川上線にのり川上温泉駅下車、冷泉だが諸症に効能有り春秋相当の浴客あり

川上炭鉱:小沼駅より分岐する川上線の終点、三井の経営で本島最大の炭鉱である。

白亜系化石採取地:川上村一円にあり、世界に稀な白亜系の化石が今尚減少したといえども採取可能である。

落合駅付近

王子落合工場:駅より北へ10町ぐらい。

栄浜の蟹缶詰工場:栄浜駅下車南へ13町生産高1日約千個、営業期間は4月から11月まで

栄浜物産陳列場:栄浜駅より北へ2町村営でアイヌのの民俗品や管内の農水産物品の展示を行っている。

滝の沢付近(豊真線)

桜の名所:滝ノ沢駅東方400間の無名山に山桜有り、開花は6月中旬、適当な施設を作れば絶好の遊覧地になるであろう。

紅葉の名所:駅付近は9月中旬より10月下旬まで全山紅葉し樺太唯一の紅葉の名所で10月には特別列車も運転されています。

真岡駅付近

真岡支庁:駅より約5丁

王子真岡工場:駅より役4丁

真岡神社:山手町にある境内の眺望秀麗なる浄地である。

ネー船長の碑:南浜町の高台にある。ネー船長がいかなる人か不明

多蘭泊土人部落:多蘭泊駅より7町、現在342人いる。

手井の貯水池:手井駅付近にあり風光明媚、絶好の釣り地として賑わう

野田駅付近

王子野田工場:駅より10町

野田寒嶽:町の東北にあり標高1030メートル、島内有数の秀峰である

本斗駅付近

本斗公園:駅より3丁

本斗神社:中部山通り4丁目の高台にある

阿幸温泉:阿幸駅付近阿幸川の上流に湧出するものを引き上げ四季浴客絶えず

日持上人の遺跡:阿幸駅より2丁

樺太の桜花名所:本斗町郊外は天然の桜樹に富み、特に南浜付近は島内第一の桜の名所である

吐鯤保冷鉱泉:本斗市街地より18町、吐鯤保川沿岸の山腹に噴出し泉質には硫黄を有し効能有り周りの風景もよく遊覧の好適地である。

吐鯤保石油試掘地:駅より南20余町、日本石油会社の経営で行われている駅より自動車便あり

宗仁及び白主 本斗郡の南端白主は寛政2年に松前藩においてはじめて勤番所を設けた記念すべき史跡である。宗仁は岬を中心にその前後の海岸の奇石怪岩は天下の珍とするにたる景勝である

泊居駅付近 

王子製紙工場:泊居字東原6番地にある。

泊居支庁:町の東南にあり、駅より数丁

樺太産業蟹缶工場:近海のタラバガニの漁獲見るべきものがあることから昭和5年に開設

大栄炭鉱:名寄川上流に位置し王子の経営である。

智来土人部落:名寄村の大字で多蘭泊とともに最大のアイヌの部落である

宅田度人部落:智来から1里はなれたところに有り智来の4分の一ほどの部落である。

イクマナイ酋長家の古文書:宅田部落のイクマナイ家は江戸幕府より北蝦夷の総代名を命じられた名家で、樺太史をしる貴重な古文書がある

樺鉄沿線

白鳥湖:周囲3里余、毎年春秋白鳥群集するため名あり、11月から3月まで湖面は結氷

白浜土人部落:白浜駅下車、豊原支庁のアイヌを集めた集落で人口は310人

突阻山:近幌駅下車、標高700メートル山は槍ヶ岳・穂高山の相貌を有し、夏は高山植物の宝庫、冬は山麓のスキーで賑わう、山頂からの雄大な眺望は記すべくも無い、笠雲を見るなら1万尺以上の登山気分になれる。

馬群潭桜山:馬群潭駅の北西約1里30町、全山一体樺太深山桜が群生、大和桜と異なれど山花に乏しい樺太では鑑賞に値する、毎年6月20日頃が見頃

元泊支庁:元泊駅より約5丁

秀峰三ツ富士:樫保駅下車、標高737メートル突阻山とともに樺太八景に当選した秀嶺である富士山型の三峰と2つの瀑布の自然美の結合の総称である。高山植物も豊富でアルピニストも余りの自然の天恵に驚嘆するであろう。

王子知取工場:知取駅より西北約10町、製紙工場として東洋一の規模である。

知取炭鉱:駅より西北約15町

遊山閣:知取町の西北約18町、硫化水素を主成分とする鉱泉湧出し浴場宿泊施設完備している、知取から自動車便有り

南樺鉄道沿線

江ノ浦濱路海岸:濱路駅下車、樺太一大漁場として有名な濱路海岸、4月末より11月上旬まで鰊、夏季はサケマスの群来壮観である、濱路小学校付近初夏のスズラン美しく秋季の樺太特産のフレップの紅実も美しい。

小原・大豊・豊栄の農村:留多加駅より徒歩小原まで1里5町、大豊まで4里半、豊栄まで7里半いずれも本島有数の大農耕地帯

留多加大沼:晩秋の鴨猟の好適地である。

留多加川:冬季凍結の際氷上競走場と化す

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

樺太関連コンテンツ

樺太地図 明治樺太地図

樺太写真帖 懐かしの樺太写真館

樺太の広告 樺太大百科 樺太名所案内

稚泊連絡船史 樺太の鉄道 樺太の航路

樺太 海馬島 樺太 泥火山 樺太 海豹島

樺太列車時刻表 樺太の地名 樺太アイヌ

海馬島 地名考 樺太自動車線 

千島関連コンテンツ

千島写真館 千島百科 千島地図