「カムイミンタラ」に戻る

道内時刻表(昭和43年)に戻る

国鉄幌内線 (昭和43年)

国鉄 幌内線

昭和43年6月弘済出版社「道内時刻表」より

昭和43年の道内時刻表で見る幌内線には、廃止前には貨物支線となった三笠〜幌内間も旅客営業している点が特徴です。列車はすべてSLが引く客車列車で運転されています。三笠駅の配線から岩見沢方面に直通列車がないのも特徴かもしれません。

幌内からの朝の通勤通学列車以降はしばらく時間をあけて土曜日の下校列車を除けばあとは帰りの列車ばかりとローカル線特有の運行になっています。

3kにも満たない短いこの区間ですが途中に幌内住吉駅もあります。それなりに列車のあったこの区間が昭和47年と早期に貨物支線へとなったのは周辺の炭坑の閉山が影響したのでしょうか。。北海道鉄道発祥の地である幌内、現在も幌内駅には三笠鉄道記念館があり当時を偲ぶことができます。

今でも三笠〜幌内間は線路も残されていますのでいつの日か美幸線跡のようにトロッコでも走ってくれることを夢見たいものです。

たいして距離がないこともあり、数年前に幌内より三笠まで歩いたことがあります。静かで寂しくもありましたが炭坑があった街らしく感慨深いものがありました。

繁華街でながれていた「しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん」には笑いましたが(^^;;

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」