<<TOPへ <<前ページへ

アイヌ語(原野・峠関係の地名)

はアイヌ語で野や原野や木のない草原に使われたようです。

の地名:雄信内・幌延


はアイヌ語で窪地や谷場合によっては沢などに使われたようです。

の地名:支笏湖・琴似


はアイヌ語で土や食土・畑や墓を意味します。

の地名:豊似・問寒別・豊寒別・問牧


トマ
トマはアイヌ語で湿地や泥炭地を意味します。

トマの地名:トマム・斗満


ニタッ
ニタッはアイヌ語で湿地や谷地を意味します。

ニタッの地名:幌新太刀別・仁達内


はアイヌ語で湿原や泥炭地・葦原を意味します。現在も道内に多くの地名で残っています。

サルの地名:沙流・斜里・猿払・サロベツ・佐呂間・長流川


キはアイヌ語で湿原に生えている葦を意味します。

キの地名:更岸・サラキトマナイ・沢木

かっては興浜南線に沢木駅が羽幌線に更岸駅がありましたが残念ながら両方とも廃止されなくなりました。


はアイヌ語で突起したものを意味します。

の地名:新得・徳富


トー
トーはアイヌ語で湖や沼を意味します。現在はたくさんの湖に名前がありますが、昔はたんにトーとだけ呼ばれる湖が多かったので和人が付近の地名を付けたことが多いようです。

トーの地名:オンネトー・カムイト沼・ホロカヤントー・当麻・洞爺


ワッカ
ワッカはアイヌ語で水を意味します、地名では飲み水で使われたようです。

ワッカの地名:止若・山軽・稚内・若菜・カムイワッカ


シュプキ
シュプキはアイヌ語で葦を意味します。

シュプキの地名:朱太川・寿都・須築


シュマ
シュマはアイヌ語で石や岩を意味します。

シュマの地名:周麿・島牧・島松

天北線に周麿駅がありましたが廃止によりなくなりました。


ウト
ウトはアイヌ語で間を意味します。

ウトの地名:ウトロ・苗太路・平取・白鳥真布


ルはアイヌ語で道を意味します。

ルの地名:幌呂・ルエラニ・留産・マタルナイ


ルークシ
ルークシはアイヌ語で通路を意味します。

ルークシの地名:六志内


ルペシぺ
ルベシベはアイヌ語で峠や峠道の沢を意味します。道内の各所にこの地名が残っています。

ルベシベの地名:留辺蕊


はアイヌ語で自然の井戸や湧水の穴を意味したようです。

の地名:渋井・シンプイモコト


ニナ
ニナはアイヌ語で台地を意味します。

ニナの地名:荷菜摘・仁奈良峠・ニナルパオマナイ


はアイヌ語で泉や池・湧き壺を意味します。

の地名:メム・芽室


はアイヌ語で岩崖や帯状の断崖などを意味します。

の地名:沓形・九度山


ケナ
ケナはアイヌ語で湿原や川端の木原を意味します。

ケナの地名:ケナシパオマナイ・ケナシピリカベツ


カパ
カパはアイヌ語で平らなとか地名では水中の平岩によく使われたようです。

カパの地名:賀張・川白


カマ
カマはアイヌ語で平岩を意味します。

カマの地名:釜谷臼

札沼線に釜谷臼駅がありましたが改名されてしまいました。


チェトイ
チエトイはアイヌ語で食用粘土を意味します。昔は食していたようです。

チエトイの地名:杖苫内

杖苫内は現在は稚内市の東浦になっています。


チャシ
チャシはアイヌ語で砦や館を意味します。

チャシの地名:茶志内・チャシコツ・差紐


ユ・セセキ
ユやセセキはアイヌ語で温泉を意味します。

ユの地名:遊楽部・湯別・夕張

セセキの地名:瀬石・セセキ温泉


シラ
シラはアイヌ語で岩や平磯・岩礁を意味します。

シラの地名:尾白利加・白糠・白神


ピはアイヌ語で石や小石を意味します。

ピの地名:比布・美谷


ぺはアイヌ語で水を意味します

ぺの地名:美々