「カムイミンタラ」に戻る

道内時刻表(昭和43年)に戻る

国鉄 函館本線支線<上砂川線 南美唄線>(昭和43年)

国鉄 函館本線支線<上砂川線 南美唄線>

昭和43年6月弘済出版社「道内時刻表」より

昭和43年の道内時刻表で見る、函館本線支線は、炭坑がまだ最盛期のさなかだったこともあり、支線の名にふさわしく充実しています。昭和46年には旅客扱いを早くもやめた南美唄の支線も5往復のDCが運転されています。距離は3Kと短くいかにも運炭目的であることがよく分かります。それでも函館線に支線にふさわしく?札幌発「南美唄行き」や南美唄発「小樽行き」列車があったことは特筆すべき点です。

一方、平成6年に廃止された上砂川支線は当時のローカル線とは思えないほど活況を呈し15往復も運転されています。廃止前は6往復ぐらいだったので昔は相当な賑わいだったのでしょう。砂川駅から同じ駅とはいえ、随分遠くにあるホームが印象的だった上砂川支線、距離が長いしホームが近い、歌志内線には乗りましたが、函館本線の支線という敬意を評し、無くならないだろうと安心していたら乗らないうちにいつのまにか廃止された路線になりました(^^;;

廃止後バスで訪ねましたが駅舎は移動したものの沿線の風景を含め鉄道時代の名残が結構残っています。晴れた冬の日、鶉駅近くの民家の屋根上で可愛い兄弟が遊んでいたのが今でも目に浮かびます。(写真に撮りたかったですね。。)

そういえばこの上砂川支線の廃止の経緯ですが、他線と違い変わってたと思います。もともと函館本線の支線だったこともあり、お隣の歌志内線より客が少ない状況でも廃止対象から外されていましたが、確か地元の町の駅前道路かなんかで再開発関連でJRと話し合いが持たれた際にJRがぜひ町にご協力しましょうとなり、ついでに廃止させてください。それじゃ〜と元々バスが沢山沿線に走っていたのでということで住民の反対もあまりなくトントン拍子に両者円満で廃止されたと思われる稀有なパターンだったと思います。

それぐらい忘れ去られた鉄道もさぞ寂しかったことでしょう(涙)

でもこの区間確かにバスが便利でした(笑)

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」