「カムイミンタラ」に戻る

道内時刻表(昭和43年)に戻る

国鉄羽幌線 (昭和43年)

国鉄 羽幌線

昭和43年6月弘済出版社「道内時刻表」より

昭和43年の道内時刻表で見る国鉄羽幌線は、廃止間際と比べ本数も多く充実しています。この時代の沿線はなんといっても羽幌炭坑であり、築別より羽幌炭鉱鉄道(羽幌炭礦鉄道)が分岐し羽幌も市制を目指すほど賑わっていた時代です。当時の羽幌炭礦鉄道はスキーのジャンプや野球などで実業団チームを持つほど実力のある大企業でした。

さて時刻表を見ると、羽幌線の沿線には駅弁もありませんが、仮乗降場が多いのが目に付きます。何と言っても、昭和45年に廃止された「下ノ滝」(羽幌〜築別間)「北里」(丸松〜更岸間)「西振老」(北川口〜振老間)が載っていることが貴重です。

昭和45年に廃止されるぐらいですのでよっぽど利用者がいない秘境駅状態だったんでしょうね。あとは朝の遠別発幌延行き列車や羽幌発築別行きの列車が特筆されます、きっと折り返しの築別発羽幌行きの普通列車には、羽幌炭礦鉄道沿線の乗客が沢山乗った羽幌町らしい朝列車だったことでしょう。

また留萠方面からの列車も羽幌止まりでなく築別行きが多いのは時代を象徴しています、今の築別集落を見たら、時代の変化をまざまざと見せ付けられるほど寂れています。あとは函館本線の深川からの列車が意外にあり3本は幌延まで行く長距離鈍行です。

国鉄最後の廃止路線になった羽幌線、留萌本線が例えば深川〜幌延間だったら、現在と違っていたかもしれません。。留萌から先は増毛より羽幌方面のほうが利用者も多かったようですので。。。(そうだったら 逆に留萌線まで廃止かもしれませんが・爆)

留萌本線が深川〜羽幌間だったら現在も走っている可能性が高かったと思います。そうなると逆に増毛は間違いなく廃止だったでしょうが(^^;;

歴史にもし。。。なんて仮定はナンセンスですがついそう思ってしまう羽幌線です。

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」