「カムイミンタラ」に戻る

道内時刻表(昭和43年)のページに戻る

国鉄江差線 (昭和43年)

国鉄 江差線

昭和43年6月弘済出版社「道内時刻表」より

昭和43年の道内時刻表で見る江差線は、函館から木古内までは現在のほうが特急列車も走り賑やかですが現在道内一のローカル線区間の木古内〜江差間は昔のほうが列車も多く対照的です。

木古内から先に関しては廃止された松前線のほうが利用が多いことで知られていましたが、昭和43年の時刻表を見る限り優等列車(準急松前 えさし)に関する限り江差線に軍配があがり、当時は木古内から先も相当利用者がいたことでしょう。

無煙化は進んでいたようで時刻表を見る限りSLは朝夕2往復のみだったようです。当時のことは分かりませんが準急が走っているのも珍しいかもしれません。今では殆ど死語ではないでしょうか。急行列車すら殆どない時代ですから。

その準急、函館〜木古内をほぼ50分で結んでいます。現在の特急列車でも40分ぐらいなことを考えると、現在と違い線路も悪いし電車でないのでかなり俊足な列車だったと思われます。そんな江差線も新幹線が函館まで完成すれば江差〜木古内間は間違いなく廃止でしょう。

新幹線とは全く不便な路線です(^^;早く行く方は飛行機がお勧めですよ(笑)

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」


「カムイミンタラ」は管理人サルル運営の上記サイトの協力を得て運営しております。