カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
抜海・勇知アイヌ語地名さんぽA

利尻 兜沼

2009年秋、シルバーウィークを利用し稚内市抜海村を訪れました。毎年のように訪れる稚内市抜海村のアイヌ語地名を風景をまぜながら一部ですがご紹介したいと思います。自転車でゆっくり景色を楽しみつつアイヌ語地名を訪ねた2009年秋のアイヌ語地名さんぽAになります。今回は兜沼からクトネベツまでです。

併せまして抜海村利尻スケッチ2009@・Aをご覧頂くとより楽しめるかもしれません。続きのようなものですから(笑)

利尻 兜沼

ようやく兜沼に到着

兜沼が見えてから随分時間がかかりましたが、ようやくキャンプ場のある場所にやってきました。そう♪ここにくれば沼越しに利尻を拝むことができるのです。天気は悪いのですが水鏡に映る利尻を楽しむことができました。

さて、本日は朝から走りっぱなしでしたので兜沼キャンプ場の無料の休憩室でしばし休憩しました、テレビはあるし、暖房まで入ってとても快適でした♪ここでゆっくり弁当やパンを食べました。そうそうこの兜沼ですが以前はアイヌ語でぺライサルトー=ぺライ・サ・ト(釣りする・葦の・沼)と呼ばれていました。昔の地形図と比べると随分形が変わった(縮小した)感じの沼です。

利尻 サロベツ

サロベツと利尻

兜沼で充分休憩後に上勇知を目指します。ここから上勇知まで最初はちょっとした登りがありますが、あとは比較的楽でした。どこもかしこも写真のような利尻をいれた牧歌的な風景が広がっています♪青空に適度な雲があれば本当に絵のような気持ちがいい場所です。

勇知川

勇知支流川(勇知橋より)

され走っているうちにいつのまにか豊富から稚内に戻ってきました。勇知橋より勇知川の上流にあたる勇知支流川を見ます。まぁ〜なんてことない普通の川ですが、武四郎の東西蝦夷山川地理取調図ではアイヌ語のルークシナイ=ルー・クシ・ナイ(道・通っている・沢)、川筋取調図ではルークシベツ=ルー・クシ・ペッ(道・通っている・川)とちゃんとしたアイヌ語地名を持つ河川でした

宗谷本線 勇知

利尻と宗谷本線普通列車

勇知橋を過ぎるとまもなく宗谷本線を横切ります。たまたまあと10分ほどで列車が来るのが分かったので、待つことにしました。1日数本なので貴重です(笑)1両でも充分なお客様を乗せ稚内へ走っていきました。

勇知

五線沢川と廃サイロ

列車を見送ったあとは浜勇知を目指して自転車を走らせます。正面には利尻、両側は牧場と北海道らしい風景を楽しみながら下勇知を走ります。そうそう宗谷本線のある勇知駅から下勇知までは殖民軌道の馬鉄が走っていた場所です。五線沢川は勇知川より下勇知の集落付近で分かれる支流です。

勇知

五線沢川

小さい沢はやっぱり草に覆われています(^^;;、普通だと川とは分かりません。。。。ところでこの五線川ですが、江戸時代の地図等でみると位置的にトイタウシナイに該当する河川と思われます。トイ・タ・ウ・ナイ(土・掘る・いつも〜する・沢)からきたアイヌ語地名です。

勇知

勇知川、遠くには利尻の頂きが。

下勇知を過ぎ、浜勇知に近づいてきました。こちらも牧歌的風景が広がっています。

勇知

抜海村勇知の牧場

牛乳美味しいだろうなぁ〜。。♪

浜勇知

大正時代の浜勇知図

さて、浜勇知へ戻ってきました。浜勇知といえば、綾瀬はるかさんがテレビCMで利用したドライブスルーのお店があることで近年とても有名です??ただこのドライブスルー(こうほねの家)残念ながらお客様が多くないので自販機ぐらいしかありません(涙)当然ですが冬場はやってませんのでご注意ください(笑)

さてこのドライブスルー(こうほねの家)ですがトイレするだけでは勿体無いです。食べものはありませんが、ぜひ中を覗いてください。中に大正時代の浜勇知を描いた絵があります。年々侵食が進み将来的にはこうほね沼自体が消失の心配も懸念される浜勇知地区が、以前はもっと海岸線が海側にあり大きな集落が形成されていた浜勇知です。昭和50年頃までは家もあったようですが現在では家もなく集落跡も水没したところも多いようです。

宗谷本線が上勇知を通らず兜沼からこの浜勇知を経由して抜海へ行っていたら浜勇知の歴史も随分変わっていたことでしょう。

浜勇知

浜勇知より抜海・稚内方面

国土変遷アーカイブの昭和22年空中写真を見るとこの浜勇知写真と同じ沼の北側に集落が形成されていたようです。今は何もありません。これから自転車で抜海へ戻ります。

抜海

抜海原生花園より稚内半島

南極物語ロケ地として知られる抜海原生花園、タロやジロもいないし、荻野目慶子さんもいないし。。。。。秋は花も殆どなく静かな抜海原生花園です。

抜海

抜海村では勇知川に並ぶ大河? クトネベツ川と特急宗谷

抜海へ戻り、「ばっかす」さんでしばし休憩後、クトネベツさんぽを開始、自転車で15分ぐらい走るとクトネベツ川につきます、ちょうど稚内行きの特急スーパー宗谷が走っていきました。クトネベツ川ですがアイヌ語のクッタ・ペッ(イタドリ・川)が転訛した地名と言われています

利尻 抜海

最北の名山 利尻とクトネベツ川

そういえば、東利尻町がなくなってから利尻を利尻ふじなんて言い方をするものをよく目にします。私は利尻やリイシリは好きですが利尻ふじという言い方は正直嫌いです。利尻はやっぱり利尻やリシリであってこそ美しいと思っています。ふじなんて付けなくても富士山より利尻が美しいのはよく分かっているからです(笑)

まぁ〜富士山を駿河利尻とでもいったほうがいいかなぁ(^^; ちと無理がありすぎますが

抜海

廃サイロが素敵なクトネベツ

随分昔飲んだクトネベツの牛乳美味しかったなぁ〜〜♪

抜海

クトネベツ川支流の「奥の沢川」

この沢もしかしたら、以前はイクレニャンナイだったかもしれません。意味はわっかんない。。。

抜海

クトネベツ川支流の「開拓の沢川」

こちらの開拓の沢はもしかしたら以前はオロウェンナイに該当した可能性のある沢です。オロウェンと言えば、胆振線に同名の秘境駅があったことで知られるアイヌ語地名です。道内各所に以前はあったアイヌ語地名でオロ・ウェン・ナイ(中が・悪い・沢)で魚がいないとか歩きづらいといった意味で悪いが用いられたアイヌ語地名です。

抜海

酪農盛んな抜海村クトネベツ地区

クトネベツの支流さんぽを終え、ミルクロードからクトネベツ地区を俯瞰。北海道らしい牧歌的な風景が広がっています。おわり。@を見ていない方は宜しければ下記画像をクリックしてみてください。

抜海 勇知アイヌ語地名さんぽ@

ちなみに2回目を見ていない方はこちらもどうぞ♪

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

宗谷北線関連コンテンツ

宗谷線雪レ スケッチ@ 宗谷線雪レ スケッチA

冬の宗谷線スケッチ2011@ 冬の宗谷線スケッチ2011A

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏@ 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏A 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏B

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏C 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏D 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏E

宗谷本線 車窓の旅 春@ 宗谷本線 車窓の旅 春A 宗谷本線 車窓の旅 春B

宗谷本線各駅停車 車窓の旅@ 宗谷本線各駅停車 車窓の旅A 宗谷本線各駅停車 車窓の旅B

宗谷北線のアイヌ語地名 宗谷北線のアイヌ語地名A 宗谷北線のアイヌ語地名A

宗谷線 旅日記(08年)  厳寒の宗谷北線 スケッチ  早春の宗谷線スケッチ

礼文島関連コンテンツ

レプンシリ2008 @元地編  レプンシリ2008 A桃岩編  礼文島 知床編

礼文島 4時間コースのアイヌ語地名 礼文島 南部(桃知コース付近)のアイヌ語地名

利尻関連コンテンツ

稚内カムイトウ 利尻スケッチ2010  利尻スケッチ2010初夏@ 稚内市抜海村 利尻スケッチ2010初夏A 稚内市抜海村

抜海村利尻スケッチ2009@ 抜海村利尻スケッチ2009A

 稚内抜海村 利尻スケッチ 稚内抜海村 利尻スケッチ(08年・夏)  

利尻写真日記 利尻島のアイヌ語地名さんぽ@(鴛泊〜鬼脇)  利尻島アイヌ語地名さんぽA(鬼脇〜沓形)

利礼航路関連コンテンツ

Heart Land Ferry 最北航路の旅  利礼航路(東日本海フェリー)写真館  利礼航路(ハートランドフェリー)写真館 K

天北線関連コンテンツ

天北線さんぽ@(音威子府〜小頓別) 天北線さんぽA(小頓別〜敏音知) 天北線さんぽB(敏音知〜松音知)

天北線アさんぽC(松音知〜新弥生) 天北線さんぽD(新弥生〜浜頓別)

稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)@  稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)A

天北線のアイヌ語地名 

稚内・宗谷関連コンテンツ

稚内 声問アイヌ語地名さんぽ 稚内 増幌アイヌ語地名さんぽ にっぽん紀行 私的最北無人駅の旅

サロベツ原生花園スケッチ 2010 抜海原生花園スケッチ 2010 抜海駅 2010

稚内スケッチ 2010@  稚内スケッチ 2010A 南稚内駅

抜海 勇知アイヌ語地名さんぽ@ 抜海 勇知アイヌ語地名さんぽA 稚内 増幌川流域のアイヌ語地名河川

早春の稚内抜海村 利尻スケッチ  稚内 声問川のアイヌ語地名河川 稚内駅

宗谷・稚内 アイヌ語地名さんぽ 稚内市抜海村とサロベツ アイヌ語地名さんぽ  稚内・花柄クジラ号で行く最涯ネイチャー紀行

宗谷岬付近のアイヌ語地名@ 宗谷岬付近のアイヌ語地名A  稚内サロベツ抜海紀行 (2008年初春編)

吹雪の稚内さんぽ@(勇知編)  吹雪の稚内さんぽA(声問編)  利尻サロベツ抜海紀行 2007年

仮想・稚内西海岸鉄道の駅名標 仮想・宗谷岬鉄道の駅名標  ようこそ!稚内・抜海村 アザラシご案内

初夏の稚内・抜海村紀行 稚内・抜海浜辺の日記(08年・春)  稚 内 北防波堤ドーム

抜海村冬紀行05年 春の抜海村紀行06年 抜海駅