<<カムイミンタラに戻る
札沼線 浦臼駅 2019秋@

札沼線

札沼線の浦臼駅、札沼線が石狩沼田駅まである時代は列車の運行上も重要な駅で浦臼駅発の札幌行きや石狩沼田行きの列車設定もありました。また以前はこのホームの向かい側にもう一つホームがあり列車交換も行われていたようです、今は御覧の通りすかすかです。

浦臼の地名はアイヌ語のウラ・ウ・ナイ(簗・ある・沢)からきたアイヌ語地名と思われます。昔はウラウシナイ・ウラシナイと呼ばれ、浦牛・浦志内・浦臼内などの字が当てられていたようです。

札沼線

浦臼駅 駅名標。

札沼線

浦臼駅までは、6往復の列車が走っているので廃止が決まった今となっては札沼線の旅をゆっくり楽しめるのはこの浦臼までかもしれません、新十津川行きとより間違いなく空いてます。但し廃止直前はそうはいかないでしょうけど。

札沼線

この浦臼駅から先の新十津川駅までは1往復なのでゆっくり鈍行のんびり旅は今や不可能に近いと思います(笑)

札沼線

ホームがひとつ無くなった分すっきしりした浦臼駅、ローカル線の終着駅らしい雰囲気を持っています。。

札沼線

なんせホームがひとつ無くなった分、道路から撮り放題♪でもこれからの冬の季節、雪の多い地域だけに積雪が増えたら難しいでしょう。

札沼線

キハ40の写真をゆっくり撮れる撮影地です。(歩道から)

札沼線

浦臼から見る樺戸の風景もいい感じです♪

札沼線

正面が近代的な駅舎トイレばかりでなく、歯が痛くなったら歯医者にも行ける駅舎です。駅前は賑わってませんが国道沿いに目出度くコンビニも開店し、食料調達にも便利な浦臼駅です。

札沼線

花咲く浦臼駅

札沼線

浦臼駅前からは中央バスが新十津川経由の滝川駅行きを運行しています。新十津川や滝川に抜ける際には利用できる便利な路線です。

札沼線

札沼線のキハ40を撮るにはとてもいい浦臼駅です、時間の都合上で新十津川駅に行けない方はぜひ浦臼までの旅を楽しむのもいいかもしれません、いずれにせよ2020年の5月の廃止までしか時間は残されていませんので。

札沼線の旅は下記画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」