<<カムイミンタラに戻る
釧網線の旅2019A くしろ湿原ノロッコ号車窓の旅

釧網線

今回は本当に久々の釧網線の旅2回目です。釧路湿原展望台より湿原の大パノラマを楽しんだ後、再度くしろ湿原ノロッコ号に乗り込みノロッコの終点塘路駅を目指します。

釧網線

天気はよくないですがが、窓の開くノロッコ号の客車は魅力的、釧路湿原の気持ちいい風を受けることができます。ノロッコ号自体、車窓は釧路湿原駅を過ぎてから良くなるような気がします。

釧網線

女性客室乗務員の案内も非常によく楽しめました。

釧網線

案内のお姉さんのお陰で丹頂鶴を見られました♪でも写真には写っておらず(笑)

釧網線

この釧路川沿いを走るところが車窓一番のハイライトでしょうか。

釧網線

反対側から見るとこんな感じ、運がいいとカヌーやエゾシカを見ることができます。

釧網線

あっさりと楽しい旅も終わり、塘路に到着、すぐ近くにはマクントーが見えますアイヌ語のマクン・ト(奥にある・沼)を意味するアイヌ語地名です。

釧網線

無ノロッコ号の終点駅のため観光客でにぎわう塘路駅、新しい駅舎ですが木を使った親しみのわくいい駅舎です。

ちなみに塘路はアイヌ語のト・オ(沼・所または中)といった意味のアイヌ語地名になります。実際塘路周辺は近くにマクントーや塘路湖やポント、サルルントー、シラルトロ沼など沼に囲まれた地になっています。

釧網線

(お世話になったノロッコ号に別れを告げ、次の目的地、アトサヌプリのある川湯温泉駅を目指します、ちなみに機関車のないほうのノロッコは客車に簡易運転台を付けたこんな顔になっています。

続きは下記画像をクリックしてください。

釧網線の旅2019B

石北線、釧網、天北線などの旅は下記画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」