カムイミンタラに戻る
留萌本線車窓の旅 2019@(深川〜石狩沼田)

留萌本線

留萌本線は深川〜留萌間を結ぶローカル線です、2016年には末端部分の留萌〜増毛間が廃止され残りの区間も廃止問題で揺れ、バス転換の可能性が高く時間の問題と思います。乗るならいまのうちの路線です。輸送密度も2015年度183人、2017年度は157人、最近のデータはJR北海道の公式サイトトップページの地域交通を持続的に維持する取り組みから見ることができます。

個人的には北海道で初めて乗ったローカル線なのですが最近はご無沙汰気味で増毛廃止決定後も別に乗ることなく、2019年の秋に久々に乗りました、札沼線みたいに車両がキハ40ならもっと乗ってるかもしれません(笑)、写真は起点の深川駅、深名線も先に無くなったので留萌線まで無くなったらただの通過駅になりそうです。

留萌本線

深川を出発♪国鉄型のキハ54は窓が開くのがいいですね、しばらくは空知らしい田園風景が続きます。

留萌本線

天気もまずまず まもなく収穫の秋♪

留萌本線

最初の停車駅、北一已駅に到着、駅舎は残念ながら反対側なので撮れません悪しからず(笑)以前は交換可能駅だっただけに反対側は線路跡が明確に分かります、ちなみに駅名の北一已の「いちあん」は、アイヌ語のイチャン(サケマスの産卵穴)が由来です、昔は読みも「きたいちゃん」駅だったのにいつのまにか余計なお世話で「きたいちあん」駅に改名されてます(笑)

留萌本線

北一已駅出発、前方に萌え萌えするものが見えます(笑)

留萌本線

まさか追いついて、留萌線の車窓から沿岸バスの走行写真が撮れるなんて、ちょっとついてました(笑)

留萌本線

あの道路を横切る跨線橋を過ぎればまもなく次の秩父別駅に到着です。

留萌本線

秩父別駅を出て留萌道を見ながらしばらくすると雨竜川橋梁が見えてきました。当然ですが危険ですのですぐにひっこめます。

留萌本線

雨竜川は幌加内の北から流れ、やがて滝川と北竜の境界近くで石狩川に合流します。

留萌本線

まもなく留萌線の主要駅のひとつ石狩沼田駅到着、2020年5月廃止の札沼線(北海道医療大前〜新十津川間)の起点だった時代もあります。ちなみに札沼線の石狩沼田〜新十津川間は比較的早く昭和47年に廃止されています。

その後廃止区間はそのまま国鉄(JR)バスが運行されていましたが、中央バスに移管し、現在はその路線も碧水〜新十津川(滝川)間に短縮され、いかにも北海道らしい運命を辿っています、札沼線以外も代替バスですら廃止されている区間が北海道では増えてきています、2020年も3月には天北線の声問〜曲淵間の代替バス区間の廃止が決まっています。

留萌本線

利用されなくなった石狩沼田駅の2番線、3番線が以前は留萌線の専用ホームだったらしいです。ホームにはいかにも草臥れた駅名標が残されています。

続きは上の画像をクリックしてください。

 

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」