カムイミンタラに戻る
沿岸バス羽幌線 鬼鹿の旅 2019秋(留萌〜鬼鹿)

沿岸バス

2019年の9月沿岸バスの萌えッ子フリーパス(2日用)を利用し沿線の旅を楽しみました。今回は小平町の旧鬼鹿村や旧天登雁村の旅です。ちなみに国鉄羽幌線代替バスなので沿岸バス羽幌線としてますが沿岸バスさんの正式名称は豊富留萌線になります

留萌から鬼鹿の区間はほぼ陸側が海岸段丘で反対側が日本海といった景観が続きます。

写真は沿岸バス車内から撮った小平町の望洋台付近を走る札幌からの特急はぼろ号になります、ちなみにこの辺りは国鉄羽幌線は海沿いでなく内陸側を走っていました

沿岸バス

お昼に留萌駅に到着、今日は雄冬に行くのが目的ですが夕方まで時間があるので、個人的にお気に入りの北海道三大鬼地名(鬼鹿・鬼脇・鬼志別)のひとつ鬼鹿村(現小平町)に行くことにしました。

留萌から何度か沿岸バスで北上したことありますが、今回驚いたことにバス停が逆側になっていました。留萌市内は結構路線の再編が行われたようでした。

バスも路線タイプに変わり個人的には大歓迎です。留萌駅前からの乗客も多いですがすでに乗車客もそこそこあり盛況の状態でした。

力昼

バスに乗っとくだけで幸せな私は折り返しのバスの時間を考え留萌駅から約35Kにある力昼までやってきました。何といっても力昼というアイヌ語地名や漢字の当て字に惹かれて来たというのが正直なところです(笑)、ちなみにアイヌ語のリ・キピ(高い・海岸段丘)からアイヌ語地名です。

ちなみに国鉄羽幌線の力昼駅とは位置が違い、こちらは力昼集落のある羽幌線の番屋の沢仮乗降場のあった地点にあります。地名の名が示すようにこちらにも以前は鰊番屋があったようです。

力昼

数分後、力昼バス停に留萌行きが来ました。こちらは貸切状態でした♪。

沿岸バス

力昼バス停から今度は南下して、旧天登雁(てんとかり)村にある重要文化財花田家番屋を目指します。何といっても私が使っているフリーパスの特典で中に入れるらしいです(2019年時点)、ちなみに道路前方に見える高い崖がアイヌ語地名リキピの語源になった崖と思われます。

花田家番屋

とてもご立派な鰊番屋の花田家番屋、運よく人がいないというか今日は休館日で人がいないのでした(笑)

このあたりの日本海沿岸は鰊街道と呼ばれ、昔は沢山の番屋があったみたいです、ちなみにお隣には鰊番屋風の道の駅があり結構楽しめます。ただ不思議なことにゴミ箱がなくて困りました(汗)

花田家番屋

重量感もたっぷりの木造建築の花田家番屋、この後ろを国鉄羽幌線が走っていました。

花田家番屋

この花田家番屋の玄関にある看板には天登雁(てんとかり)村と表記されています、明治39年までは村名としてその後は昭和10年まで鬼鹿村の大字名として存在したようです、現在も羽幌線の遺構にモテントカリ橋梁があるようです。

ちなみにテントカリですがアイヌ語のテンムン・トカリ(海藻・手前)といった意味のアイヌ語地名です、蛇足ですが手宮、手稲、鉄府などもこの海藻系のアイヌ語地名です。

鬼鹿

花田家番屋も目的ですがこちらの三船遭難慰霊の碑に来るのも私は大事な目的でした、日本では一応なぜか戦後扱いですが樺太からの疎開船3隻がソ連の潜水艦に襲撃され小笠原丸は、泰東丸が沈没、特設砲艦第二号新興丸が大破した事件です、樺太から逃げて来た多くの民間人1700名以上がお亡くなりになっています、合掌。

決して忘れてはならない戦争の悲劇です、本当は教科書に取り上げるべき大きな歴史的事実です、もちろん満州、北千島を含めですがそもそも8月15日を終戦の日にすること自体が歴史的事実を歪曲しているよに感じざろうえません

この三船遭難に関しては道新新書の「慟哭の海」や光人社文庫の「証言・南樺太最後の17日間」がお勧めです。

また三浦綾子さんの「天北原野」にも場面として出てきます、蛇足ですが映画では最近放映された「北の桜守」にも出てきますが映画の内容は個人的には微妙すぎて評価の対象にすらなりません(冷汗)

鬼鹿

この寒い日本海の沖であった悲劇を決して忘れてはならないと思います。ちなみにこの鬼鹿ですが留萌側を見れば雄冬方面が見え、天気が良ければ北側を見れば天売・焼尻・利尻も見えるいいとこです。

沿岸バス

旧鬼鹿村を走る沿岸バス

沿岸バス

本日は北上せず、留萌方面へ帰ります。大椴附近、ちなみに鬼鹿方面からこの大椴付近までは羽幌線も海沿いを走っていたので写真左側が国鉄羽幌線の路盤跡になります。

沿岸バス

小平町の市街地で沿岸バスとすれ違い、あの車両に乗りたい、ちなみに写真左側の内陸に入るとてんてつバスの走る達布地区に行けるのですが現在はデマンドバスになっています。

沿岸バス

過剰?と思えるほどの4車線を走りながら終点留萌へ向いました。

沿岸バス

沿岸バスの旅には萌えっ子フリーパス(1日券と2日券があります)が便利です、詳しくは沿岸バスホームページでご確認ください簡単に言えば、雄冬〜稚咲内間の路線バスに乗れます(一部除外あり)

沿岸バスや留萌線、JRバス深名線沿線の旅はこちらから

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」