カムイミンタラに戻る
夕焼の沿岸バス雄冬線の旅 2019秋(増毛〜雄冬)

沿岸バス

久々に留萌を南下して雄冬を見たいと思い、2019年の9月沿岸バスを利用して路線バスの旅を楽しみました。ちなみに正式名称は沿岸バス留萌別苅線になります。雄冬行き自体は留萌市内より1日2.5往復と秘境路線といってもいい本数。

そして終点雄冬自体が昔は西の知床と呼ばれ連絡船でしか行けない秘境度の高い地域でした。地形が険しいため途中、長いトンネルも続きますが車窓は荒々しい日本海や断崖が続くお勧めの路線です、運が良ければ日本海に沈む夕陽を楽しめます。

増毛からだと23Kほど、時刻表状は乗り換えとなる大別苅から雄冬まで約17Kあります。大別苅からは集落も岩老以外殆どないため、バス停も途中、歩古丹、岩老、ケマフレ、雄冬漁港のバス停しかありません。

沿岸バス

夕方17時50分ごろ旧増毛駅前バス停に最終(2本目)の雄冬行きがやってきました。この時点ではまだ増毛町内のため席が半分ほどは埋まった状態です。

沿岸バス雄冬線

日中の天候はいまひとつ、いやいま二つぐらいでしたが、なんと増毛町内を出て別苅方面へ向かうと日本海の夕陽がいい感じでした。バス旅正解、オタルマナイ附近♪ちなみに見えている岬はカムイエト岬、アイヌ語のカムイ・エト(神・岬)を意味するアイヌ語地名です。

大別苅を過ぎると私の貸し切り状態となり終点雄冬を目指します。山道に入り長いトンネルを抜けると丁度、陽が落ちるところでした。秘境の歩古丹附近です。

雄冬

黒岩トンネルを越え、烏帽子岩付近で日本海の夕焼、最高です♪。

雄冬

バックが利尻だったらなんて贅沢は言いません、最高、本当は降りたいけど降りれない(笑)そこが秘境路線バスですね(笑)これが30分に1本の路線なら間違いなく下車しますどけ(笑)

雄冬

温泉のある岩老漁港付近、まだ最高の夕焼です。今日は本当に運がよかったと思いました。そうそうこんな夕焼出くわしませんし場所も雄冬だし、ちなみ岩老はアイヌ語のイワ・オ・イ(硫黄・ある・処)を意味するアイヌ語地名です。

JRバス深名線

岩老集落を過ぎ観音崎付近でもこの夕焼です。そういえば沿岸バスさんの萌えキャラに観音崎ライナさんがいましたがここからなんですね。いやそんなどうでもいいことより雄冬まで夕焼が続いてくれと願っていました。何せほんの数分の自然現象ですから。

JRバス深名線

赤岩岬付近まできました。雄冬まであとわずかです。ちなみにアイヌ語地名ではケマフレ(バス停あります)ケマ・フレ(足・赤い)を意味するアイヌ語地名でこの雄冬海岸附近の特徴である安山岩質の赤い岩体から岬に名付けられた地名と思われます。

雄冬

なんとなく夕焼に染まった雄冬集落に最終バスが到着。

雄冬

あたりから地図上では増毛町から石狩市浜益になるようです、遠くに見えるのは雄冬岬、ヲフイ、ウフイプなどと呼ばれた処です。ウフイ・プ(燃えている・処)を意味するアイヌ語地名です。今日は夕焼にほんのり染まって焼けています。

沿岸バス

空のお陰で本当に楽しい沿岸バスの旅が楽しめました♪

雄冬最高、沿岸バス最高♪

沿岸バス

沿岸バスの旅には萌えっ子フリーパス(1日券と2日券があります)が便利です。偶然にも右側の子が観音崎さんでした。

沿岸バスや留萌線、JRバス深名線沿線の旅はこちらから

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」