<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
根室線車窓の旅2019B

根室線

2019年根室線車窓の旅の3回目、現在、輸送密度が2017年度に100を割り(92人)鉄道の存続が非常に厳しいというか廃止の可能性が高い区間(富良野〜新得)の東鹿越からの旅の続きです。尚、東鹿越から先は2016年夏の台風被害のため新得までバス代行になっています。

ただひたすらに乗っているだけでも楽しいのですが今回はちょっと寄道して、北のロケ地を訪ねました。写真は高倉健氏の出演で有名な映画「鉄道員」の舞台になった幌舞駅(根室線幾寅駅)です。実は以前も1度尋ねたことがありますし、映画自体まだ見たことありません(大笑)

でも今回の旅の最初の宿泊地に幾寅をなんとなく選びました。16年の台風の際には大雨のため街が水害に見舞われた南富良野町の中心地でもあります。

根室線

廃駅候補になりながら、運命の皮肉か災害のため実質の終着駅となり役割を果たす東鹿越駅、当然乗降客も増えました。ここから先は列車代行バス(ふらのバス)で新得を目指します。

根室線

久々の幾寅駅、映画のセットや使用された車両が半切りカットされ展示されてます。天気が悪いのが残念でした。この日は駅近くの民宿に宿泊、天気の回復を祈り寝ました。

根室線

次の日、天気小雨(涙) まいったなぁ〜。。。暗い幾寅駅

根室線

3年近く列車が来なくなった幾寅駅ホーム。列車がまた走る可能性はゼロに近くとても低いでしょうね。駅自体は映画のお陰で今後も残されることは間違いないと思いますが。。

根室線

今日はまず、ロケ地めぐり?の第2弾としてあの北のロケ地を目指します。まずは落合発の富良野行き列車代行バスに乗り込みます。流石幾寅、大都会だけにここから富良野の高校へ通う高校生が20名ほど乗りこみました。

根室線

今日も楽しいローカル列車の旅を東鹿越駅よりすた〜と♪

根室線

本日の下金山駅、ここからは片手で余るほどの高校生が乗車

根室線

北の国からのロケ地、布部駅到着、この時点で立ち客も出るほどの乗りこみ状況でした。昨日に続き曇天、本当は青空と芦別岳をじっくり見たかったのに〜(涙)

根室線

北の国からで純と蛍がはじめて富良野に来た際に下車した布部駅。ここから草太にいちゃんの車で麓郷に向かった気がします。まさかここも廃線の危機が来るとは思ってませんでした。

根室線

無人駅の布部駅ですが窓口には「北の国から」の写真もありました。

根室線

お隣の駅も含めすべてがアイヌ語地名に因んだいい駅だ♪

次はいよいよ根室線のハイライトのひとつ狩勝越え

果たして天気は運命は如何 なつぞら ? つゆぞら?

続きは下記画像をクリックしてください。

根室線の旅

日高線、根室、札沼、函館線などの旅は下記画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」