<<カムイミンタラに戻る
札沼線 南下徳富駅さんぽ 2019冬

札沼線

札沼線南下徳富駅は2020年春に廃止されましたが、19年の冬に訪れることができました、当時の運行列車は1日1往復と行くには非常にハードルの高い新十津川町内の駅でした、とっぷというアイヌ語地名の響きやロケーションの素敵な駅でした。

下徳富駅に列車で行くためには新十津川駅に行くのを諦めなければなりませんがそれでも行く価値のある駅、それが南下徳富駅でした、結局新型コロナの影響で2020年には渡道できず、全駅コンプリートはできませんでしたが南下徳富駅に行くことができたのは収穫でした。

札沼線

左端下に見えるのは札沼線の下徳富駅の線路です。下徳富駅で降りた私はホームから樺戸連山を楽しみながら青空が見えているので南下徳富駅を目指し歩くことにしました、南下徳富駅までは徒歩で3キロ弱ほど、折り返しの列車の時間までに間に合いそうです♪

札沼線

ひたすら続く北海道らしい直線道路、それにしてもこの割れ目だけ晴れている天候も不思議です、なんせ初めて歩くので早歩き中です(笑)

札沼線

どんどん晴れるといいなぁ〜と期待したのですが、天気は明らかに悪いほうに向かってきました、きっと日ごろの行いでしょう(笑)

札沼線

南下徳富駅、到着♪これで乗り遅れの心配はなくなりほっとしましたが、残念ながら青空がなくなりました。

札沼線

南下徳富駅、天気が悪く載せるのも憚られる写真になりました。

札沼線

南下徳富駅 駅名標 隣の於札内駅にも行きたかったです。

札沼線

北海道に沢山あった仮乗降場のスタイルを残す南下徳富駅の板張りホーム、手前の木造待合室は数年前にお役御免になり、枠付きの掲示板が設置され、ここに駅ノートが入っていました。

札沼線

写真ではわかりずらいですが遠くに列車の明かりが見えるころから、霙が激しくふってきました(涙)列車が見えているので傘もささず待っていたら、ずぶ濡れになりました(涙)、仕方なく予定を変更し、列車内で温めて体を乾かすことにしました、乗客にも笑われてしまって恥ずかしかったですね(汗)

キハ40 402の暖かさに救われました

 

札沼線の旅は下記画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」