カムイミンタラに戻る
沿岸バス 別苅・増毛の旅 2019秋A

沿岸バス

2019年の9月沿岸バスの萌えッ子フリーパス(2日用)を利用し沿線の旅を楽しみました。今回は鬼鹿に行った後、留萌市内より沿岸バス留萌別苅線で別苅、増毛に行きました。

今回はその2回目増毛です、鉄道廃止後も観光客が増えたという稀なことがありましたが、地元の努力と観光資源がもともと他の地域より恵まれている点が幸いしたのでしょうか目出度いことです。写真は増毛駅、創建当初の駅舎を復活させたようです、個人的にはこの沿岸バスさんのバス停に萌えます(笑)

沿岸バス

増毛で私が一番お勧めなのがこの旧増毛小学校の木造校舎、昭和11年建造の立派な校舎がそのまま残っています。ただただ素晴らしい♪不思議なことに同宿の方も殆ど知らずあまり人気はないようです。でも行って損はない素晴らしい木造校舎です。

力昼

横から見てもご立派な旧増毛小学校♪

力昼

こちらの体育館もご立派♪

沿岸バス

天気や日差しがあったらさぞいい写真が撮れることでしょう(涙)

花田家番屋

こちらは有名な国稀酒造さん、夜に久々飲んだ日本酒でした(笑)

花田家番屋

レトロな街並みが残る増毛町、あちこち散歩するのも楽しい街並みです。

花田家番屋

こちらは宿の増毛館、まだ現役の宿です。

鬼鹿

こちらは、高倉健氏や倍賞千恵子氏の出演する名画「駅」の舞台にもなった風待食堂や木造旅館、ちなみに増毛駅前にあります。

鬼鹿

駅舎は開業時かもしれませんが駅名標はJR時代のものが残る増毛駅、なんか普通に列車がきそうな雰囲気が残っています。

鬼鹿

増毛駅舎の中は廃線関連の資料も展示されてますが、休憩スペースになっていて旅人にはゆっくりできて寛げました♪そういえば、このヘッドマーク立派でデザインもいいですがなぜサヨナラ列車にも取り付けなかったのだろうか??

鬼鹿

増毛から見る日本海、遠くは小平・羽幌方面。

沿岸バス

沿岸バスの旅には萌えっ子フリーパス(1日券と2日券があります)が便利です、詳しくは沿岸バスホームページでご確認ください簡単に言えば、雄冬〜稚咲内間の路線バスに乗れます(一部除外あり)

沿岸バス

ちなみに続きはこちらの画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」