カムイミンタラに戻る
沿岸バス 別苅・増毛の旅 2019秋@(留萌〜別苅)

沿岸バス

2019年の9月沿岸バスの萌えッ子フリーパス(2日用)を利用し沿線の旅を楽しみました。今回は鬼鹿に行った後、留萌市内より沿岸バス留萌別苅線で別苅、増毛に行きました。

増毛もいつのまにか鉄道も無くなり沿岸バスの独断場となりましたが、バスの本数が増えるかと思いきや逆に減りこれが今の北海道の地方の厳しさということにつきるのでしょうか

沿岸バス

留萌の中心の留萌十字街バス停、久々に来ました、沿岸バスさんの待合所もここにあります、写真のバスは峠下行きの可愛いバスです。

力昼

ちょっと坂道を上った位置の十字街に沿岸バス大別苅行きが来ました、高校の下校時間と重なったのかバスは立ち客でいっぱい♪客が多いことは素晴らしい♪

力昼

結局、増毛までほぼ座席が埋まるほどの乗客でした、増毛の市街を抜けると片手で足りるというかほぼ貸し切り状態(汗)になり、ようやく写真を撮れました、カムイエト岬が見えています、岬の手前に見える家並が右から大別苅、別苅の集落になります。

沿岸バス

沿岸バス 別苅バス停、増毛町内はこんなご立派なバス停が結構見られます。

花田家番屋

別苅の海岸線から見るカムイエト岬方向

花田家番屋

別苅から見た増毛方向、海岸線沿いに集落が続きます。

花田家番屋

別苅にある旧増毛山道入り口、近年山道が復元され立派なHPもあるので興味がある方は増毛山道で検索されるといいです。ちなみに別苅から幌まで距離も道もとてもハードな道のようです。

鬼鹿

別苅から折り返しの沿岸バス留萌市民病院行きに乗って増毛に向かいます。もちろん増毛に行く一番の目的は酒でもなく駅でもなくグルメでもなく、旧増毛小学校の木造校舎を見るためです♪増毛といえば木造校舎。今から楽しみです。

沿岸バス

沿岸バスの旅には萌えっ子フリーパス(1日券と2日券があります)が便利です、詳しくは沿岸バスホームページでご確認ください簡単に言えば、雄冬〜稚咲内間の路線バスに乗れます(一部除外あり)

沿岸バス

続きは上の画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」