<<カムイミンタラに戻る
抜海駅 2019

抜海駅

2019年、近年JR北海道の危機が叫ばれ廃止や休止区間も発生し、宗谷本線も名寄以北はいつどうなるか保証などされる訳もなく個人的には大規模な災害が発生しないことを祈るしかできない状況になり、乗るなら今と思い実に3年ぶりに抜海へ来ました。

16年の改正で名寄以北の普通列車削減のためた地元民もそうですが旅人にもハードルが高くなった宗谷北線です、個人的には夕方前に稚内へ着いていた列車が無くなったのが痛かったですね、抜海で夕食を食べれない、抜海の浜で夕陽を楽しめない、これじゃどうしても魅力減っちゃいます。

抜海駅

北の桜守りのロケ地にも使われ相変わらずの人気ぶりの抜海駅木造駅舎、知らぬ間に変な黄色の小部屋ができていました。北の桜守り資料館ではありませんでした(笑)保線関係でしょうか。

抜海駅

稚内方面 抜海駅ホームから♪ 交換設備残ってくれるといいですが。抜海信号場なんてならないことを祈ります。

抜海駅

久々の抜海駅舎 看板もなくなんかすっきりしたような♪

抜海駅

この日は天気も良く気持ちもよかったです、勇知方向

抜海駅

帰りの日は天気も崩れ曇り空の抜海駅でした。

心配なのは、宗谷本線の無人駅管理問題、2020年の3月末までにJR北海道は地元の市町村まに回答を求めています。いい回答が得られない場合は石北本線や根室本線のようにどんどん無人駅が廃止されそうです。確かに利用者が少ないのは事実、でも列車自体も少ないしこの本数では利用客の増加も不可能でしょう。

ちなみに稚内市内の駅も1つあるみたいです。勇知駅が抜海駅でしょうが抜海駅でないことを願いたいです。ただ今回抜海駅が対象から外れていても次どうなるか分からないことも事実、実に困ったものです。路線バスすら走っていない抜海集落なので公共交通手段を使う旅行者は抜海への旅が現実的に非常に厳しいものになります。

最悪廃止の場合は代替バスがあるのでバスでの旅が可能になりますが現役中に抜海駅が廃止になるとたとえ宗谷線が廃止になりバスに替わってもわざわざ抜海へ迂回しないルートになる可能性もありそうだし、困ったもんです。稚内市はたぶん抜海駅より北星大の存続が当然大事でしょうしどうなるのか今後心配な抜海駅です。

行くなら今のうち それが今の抜海駅のおかれた現状かもしれません。

 

宗谷、抜海駅関連はこちらから

「カムイミンタラ」 宗谷線

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」