<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
札沼線の旅2016@

札沼線

札沼線の末端部分である浦臼〜新十津川間は2016年春のダイヤ改正でとうとう1往復となってしまいました。それどころか2020年5月に北海道医療大学〜新十津川間の廃止が決まり札沼線も札幌近郊だけの路線となる予定です。貴重なローカル線がまた無くなるのは寂しい限りですが仕方ありません。

そんな札沼線末端部分が1往復になった頃の2016年9月の札沼線です。

札沼線

札幌からの始発で石狩当別駅へ、ここまでぼんやりうたた寝して浦臼行きのキハ40気動車に乗り換えます。ここからが旅のスタートです。やっぱり窓の開く列車でないと旅の楽しみが減っちゃいます。

札沼線

北海道医療大学をすぎると電化区間も終わり、田園風景が続くようになります。稲が黄金色に輝いている時期なのですがなんせ天気がいまいちです(涙)

札沼線

こういう霧に覆われる田園風景も悪くはありませんね。

札沼線

晴れてくれと祈ったら小雨が降り出しました(笑)

札沼線

本日の第一目的地、札沼線晩生内駅に到着、昔ながらの小さい駅舎が残っています。

札沼線

晩生内(おそきない)結構なレベルのアイヌ語難読地名です

札沼線

次の目的地、秘境駅豊ヶ岡駅に到着、雰囲気が秘境?っぽいでしょうか。ここまでならそこそこ列車本数があります。この待合室はいい。この日は天気が悪いでの裸電球がええ味を醸し出してました。

札沼線

豊ヶ岡駅を満喫した後、ここから新十津川行きの始発(最終)列車に乗り込みました。9月の週末とはいえこの天気、はたしてお客はと思ったら、ゲゲっ。。。。立ち客もいる状態(汗)ゆっくり車窓を楽しむ状況ではありませんでした(涙)

これも1日1往復になった弊害か。。まぁ仕方ありません。乗らせて頂いているだけ感謝しましょう

札沼線

座れないので、運転台近くに立ちんぼですが。ここからの前面展望も悪くないですね。ひたすら石狩や空知の田園風景が続きます。

札沼線

青空だったらきっといい色なんですが。。。

札沼線

まもなく終点の新十津川、元は中徳冨(なかとっぷ)駅と名乗った時代もありました。そうこの辺りはアイヌ語のト(突起)からきた地名が由来になっています、地形的なものと思われますが場所がどこだったのかは分かりません。続きは下記画像をクリックしてください。

札沼線の旅2016A

札沼、根室、日高線、その他鉄道関連はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

札沼線関連コンテンツ

札沼線の旅@ 札沼線の旅2016A 札沼線のアイヌ語地名