カムイミンタラに戻る
利尻 沓形さんぽ 2016

利尻

2016年の旅は天候に左右される旅でした。出発前に台風が接近しましたが1日違いで出発、礼文に滞在中は大雨で利尻に至っては50年に一度の大雨、稚内は駅前が冠水と全国ニュースに流れたあの頃に旅したときのものです。

今回は宗谷バスに乗って鴛泊から鬼脇や仙法志を通って沓形を目指しました、なぜ沓形かといえば利尻を1周する路線の起点が沓形だからです、リイシリさまはずっと雲の中でしたが沓形の手前で一瞬迫力ある山頂が見えました。

稚内港

沓形港にはクルーズ船にっぽん丸が来てました。利尻見えてたら最高だったのにねぇ〜残念でございます。

利尻

溶岩の上に聳え立つ沓形岬灯台

利尻

沓形岬から見た礼文島、ちなみに明治の地図ではこの岬にクシュンノッ=クシ・ウン・ノッ(向こう・にある・岬)といったアイヌ語地名が残されています。

利尻

沓形岬から見た仙法志方向、天気はまぁまぁ。

利尻

利尻島沓形市街を走る宗谷バス、東京からのおさがりバス、色もそのままで微妙、沓形の町は祭りなのか提灯が飾られていました。

利尻

利尻島1周バス出発♪鴛泊方向は天候回復、沓形近くの種屯内(現:種富)附近、アイヌ語のタンネ・ト・ウン・ナイ(長い・沼・にある・沢)からきたアイヌ語地名です。

利尻

栄浜埼灯台、明治の地図ではポンニショといったアイヌ語地名が記されています。

利尻

礼文島が美しいポロフンベ附近、アイヌ語のポロ・フンベ(大きい・クジラ)からきたアイヌ語地名です。実は礼文島の対岸にフンベ(奮部)があるのでこの利尻と礼文の間の水道がクジラの回遊していたのかもしれません。

利尻

ポンモシリの手前で何とリイシリさまの頂が見えてまいりました♪、こんな場所で降りても仕方ないので我慢しましたが、こりゃいい〜♪俺ってもしかしてもってるかも!と信じて目的地のバス停で降りました。

リイシリさまはこの日2度と顔を見せることはありませんでしたとさ(大笑)

利尻

この時使用した幻の切符、「45Nパス」1週間利礼航路や利尻、礼文島内の宗谷バス乗り放題という私のようにただ乗っとくだけでも幸せになれる人間には神切符だったのですが、今は日本人は使えない素晴らしい切符になりました。

日本人をやめ他の国籍を取得できれば使えます(笑)

利尻

続きは上記をクリックしてください。

礼文、利尻の旅の項目はこちらからどうぞ。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」