<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
抜海駅 2016

抜海駅

2016年秋に北海道を旅しました。私にとっては乱気を感じさせる旅となりました。旅行の直前に台風などの影響で2019年夏現在も不通の根室線(東鹿越〜新得)は大きな被害を受けていましたし、私自身も出発直前まで台風の影響で飛行機が飛ぶかどうかドキドキさせられました。

そんな16年9月の旅は、島旅中心でした。ただ好きな抜海駅には幸運にも列車で行くことができました。札幌から夜行バスで稚内へ行きましたが、たまたま南駅で始発の鈍行に間に合う時間だったので、いそいそと南駅から列車に乗って抜海を目指しました。

抜海駅

朝早い列車なので乗客も超少なめ、天気は残念ながら曇り、利尻も見えませんでした。

抜海駅

天気も悪いし、朝も早いので暗い抜海駅ですが列車に注目♪、今日は特別に快速ワンマン列車「礼文」(笑)での運行です。らっき〜〜♪

抜海駅

快速ワンマン列車「礼文」抜海駅発車♪次は勇知〜♪

抜海駅

折り返しの列車まで時間があるので抜海の集落へ、ここの廃屋も随分ぼろぼろになりましたね。ま〜気候を考えればよく耐えているかも

抜海駅

抜海の浜から見た稚内半島、静かです。

抜海駅

以前は抜海駅で交換もありましたが、現在は定期交換列車自体がなくなった抜海駅です。

抜海駅

そうこうしている間に稚内へ帰る列車が来ました。

抜海駅

車窓を楽しみ稚内へ戻ります。

抜海駅

日本最北の終着駅放送がなんだか耳障りに感じる、新しい稚内駅に到着、でも待合室やコンビニもあって使い勝手はとてもいい駅です。

抜海駅

このあと私は島旅にでましたが、宗谷は珍しく大雨で稚内駅前も冠水し、利尻も大雨で全国ニュースになり、稚内駅も改札は閉められ、案内板だけが寂しく出ている始末、宗谷線もしばらく不通になりました。そんなわけで都市間バスが大活躍♪なんだか北海道の鉄道の地位低下をまざまざ見せつけられた気がしました。

そんな時期にとりあえず抜海へ行けた私は。。。

運がよかったんだなぁぁ〜(汗)

宗谷、抜海駅関連はこちらから

「カムイミンタラ」 宗谷線

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」