北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
礼文島 船泊さんぽ 2014 

礼文島

金田の岬を楽しんだ私は船泊地区に向かいます。礼文町(村)が合併前は香深村と船泊村の2村があり、その中心がこの船泊地区です。以前は小樽や稚内からの航路、ついでに空港までありましたが現在はありません。でも立派な病院やパン屋、喫茶店、そして美味しい食堂はあります。いやそればかりではなく、最北端の重要文化財船泊遺跡が、オソナイ砂丘(字ウエンナイホ)にあります。

地区の神社からは写真のように街を展望できます。

(尚、撮影は2014年9月2日)

礼文島

相変わらず天気最高♪中央に礼文岳が見えています。

礼文島

とりあえず宗谷バス 船泊港バス停、連絡船もなく港前の香深と違って静かです。

礼文島

船泊港、中央にトド島が見えています。

礼文島

90年代に撮った船泊港と第5宗谷丸、随分昔になってしまいましたが1度だけ船泊航路を利用した際の写真です。当時旅人からは揺れる船と評判だった5宗(笑)

礼文島

スコトンやトド島がよく見えます。夕日なんてここからも最高なんですよね。

礼文島

神社って結構高台にあるので見つけると上りたくなる性分です。

礼文島

大都会、船泊市街、右側2番目の店が地元でも愛される双葉食堂さん、地元の方や旅行者にも人気の店です。ボリュームもあるしお勧めです。このときは近くの漁協スーパーで水2Lを買って買いすぎたかなと思いましたが、これが後で本当に助かりました。天気が良すぎて熱中症にでもなりそうでしたから。。

礼文島

双葉食堂でお勧めのみそラーメン。

礼文島

最後に地区を流れる川、その名はオションナイ、アイヌ語でオ・ソ・ウン・ナイ(川口・水中のかくれ岩・ある・川)ソは滝を意味する場合もありますが地形的には川中にあった岩ととるほうが自然かもしれません。

ちなみに現在は大備の漢字があてられ(おそない・おおそなえ)と呼ばれていますが、以前はおそらく大備の字でオションナイと呼ばれていたものが時代の変化とともに、おそない、おおそなえへと変化したものと思います。北海道のアイヌ語地名ではよくあることですが、昔のオションナイの名もぜひ残してほしいものです。

次の目的地、というか船泊にある久種湖をに向かいます。

つづく

礼文島

続きは上の画像をクリックしてください。

2014年礼文の旅 レプンシリ2014すべての項目は下記からどうぞ。

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

礼文、利尻、稚内、サロベツの旅の項目はこちらからどうぞ。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

礼文島関連コンテンツ

レプンシリ2008 @元地編  レプンシリ2008 A桃岩編  礼文島 知床編

礼文島 4時間コースのアイヌ語地名 礼文島 南部(桃知コース付近)のアイヌ語地名  Heart Land Ferry 最北航路の旅