北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
礼文島 久種湖さんぽ 2014 

礼文島

船泊(オションナイ)地区を通過し、水分の補給を終えた私は次の目的地、久種湖(モシリトー)の散策を楽しみました。アイヌ語でモシリトーとはモ・シリ・ト(小さい・島・湖)といった意味になります。礼文島自体は大きい島ですので久種湖の中に以前は小さい島があったのかもしれません。今は湿地化してしまったのかもしれませんね。

ここには散策コースやキャンプ場もあり穴場にもなっています。。

(尚、撮影は2014年9月2日)

礼文島

散策コースから久種湖と船戸真理じゃなく船泊地区。

礼文島

朝、おおいに楽しませてくれた利尻さまはモンスター雲に覆われてました。

礼文島

湖の奥の方は湿地化しています。春は水芭蕉が咲き誇るようです。静かで秋風も気持ちいい、礼文に来てよかったなぁ〜と木道を歩きながら実感します。奥には礼文岳が見えています。

礼文島

久種湖畔のアイドル、ポニーのプリンス君、昔は町営牧場もあったこの周辺の忘れ形見のように1匹だけ孤軍奮闘のプリンス君でした。そういえば、昔は船泊に牛乳屋さんがあり、最北端の牛乳として瓶入り牛乳が売ってました。私も1度は確かスコトンの土産屋さんで飲んだ記憶があります。残念ながら10年以上前に廃業したそうです。

このプリンス君も2015年にはいなくなっていました。(涙)

礼文島

さらばプリンス君、今はどこかの牧場でみんなと暮らしてるようです。お幸せに♪

礼文島

この久種湖の散策コース、湖の周りだけでなく丘を登るコースも結構充実してます。ちなみに森林の丘と呼ばれここには屋根つきの休憩所もあり、直射日光攻撃をまともに受け続けた老体を休めるにはよき場所でありました。

礼文島

丘から見た秋のスコトン方面。ススキがいい感じ♪

礼文島

この滑らかなる周氷河地形、たまりません(笑)。

礼文島

船泊遺跡が発掘されたオソナイ砂丘は、あの近代的大型アパート付近だそうです。そこと海岸線の間にある砂丘にも人類のお宝が埋もれているかもしれませんね。オホーツク文化も非常におもしろそうです。ちなみに船泊遺跡の出土品は香深村ワウシにある礼文町郷土資料館に展示しているようです。

天気が良すぎて2Lの水はいつのまにか半分ほど、しかも湖散策と森林の丘を楽しみ、結構ばてばてになりながら時間を見ればもうお昼、これから岬めぐりコース(4時間コース)を歩くのはちときついが、折角来た礼文、とにかく目指すはスコトン、スコトン、スコ、トン、トン、焦りながら岬めぐりコース出発地点の浜中を目指すのでした(笑)。

礼文島

続きは上の画像をクリックください。

2014年礼文の旅 レプンシリ2014すべての項目は下記からどうぞ。

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

ハートランドフェリー ハートランドフェリー ハートランドフェリー

礼文、利尻、稚内、サロベツの旅の項目はこちらからどうぞ。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

礼文島関連コンテンツ

レプンシリ2008 @元地編  レプンシリ2008 A桃岩編  礼文島 知床編

礼文島 4時間コースのアイヌ語地名 礼文島 南部(桃知コース付近)のアイヌ語地名  Heart Land Ferry 最北航路の旅