北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
日高線 絵笛の旅@ (様似〜絵笛)

日高線

JR日高線は苫小牧と様似を結ぶ海沿いの鉄道路線です。個人的には宗谷線と並んで特に好きな路線だったのですが2015年初冬の高波の影響で厚賀〜大狩部間の路盤が流失し、またその後、16年9月の爆弾低気圧の高波で清畠付近も被災し残念ながら現在は苫小牧〜鵡川間を除き長期運休のためバス代行輸送が行われています。北海道新幹線開通後のJR北海道を考えれば鉄道での復帰は夢のまた夢といった感じがします。

窓が開く鈍行列車からは北海道らしい牧歌的な風景や昆布干しの風景、牧草や潮、昆布の香りを楽しめる素晴らしい路線だった日高線を偲び、運休の4か月ほど前の秋の風景を紹介したいと思います。ちなみに撮影した車窓はすべて海側です。

気分を変えて仕切り直し、2014年日高本線秋の旅の第二段、様似〜絵笛往復旅です。この区間、今思い出しても日高本線らしい車窓が凝縮されたような区間だったように思えます。牧場、昆布、太平洋、あぁ月旅行に行く費用をだせるなら私だったらここに観光鉄道でもトロッコでもいいので残したいと思います。○がない人間の妄想です(笑)

(尚、撮影は2014年9月7日)

日高線

様似を発車して次の西様似駅、心持程度に内陸側で周りは牧歌的な風景が広がります。本日は地元客が1人下車、私もこの駅利用したことがあります。

日高線

鵜苫駅を出て日高幌別駅を目指します。

日高線

日高幌別駅を出るとかわいい湿原と沼そしてその先には海が楽しめました♪

日高線

反対側から見るとこんな感じ、遠くにエンルム岬やえりも方面が見渡せます。

日高線

ここから先は昆布のみちを快走♪いい香り!やっぱり出汁が違う(笑)

日高線

のり鉄気味の私にはできませんがこの辺から列車の走る写真も撮ってみたかったです。

日高線

線路と砂浜の境界が分からない、生活感が漂う素晴らしい区間が東町まで続きます。

日高線

日高線の大部分が不通のため北海道の海沿いを走る鉄道も随分短くなりました。

日高線

まもなく東町駅到着です。次は浦河駅になります。

日高線

日高でも主要な浦河駅を出ると次はもう牧歌的な今回の終着絵笛に到着♪続きは下記の画像をクリックしてください。

日高線コーナーはこちらからどうぞ。

  

  

夕張支線スケッチ2013 夕張 沼ノ沢スケッチ

  

宗谷線、日高線、天北線など鉄道関連は下記画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」