北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
日高線 車窓の旅D (静内〜日高三石)

日高線

JR日高線は苫小牧と様似を結ぶ海沿いの鉄道路線です。個人的には宗谷線と並んで特に好きな路線だったのですが2015年初冬の高波の影響で厚賀〜大狩部間の路盤が流失し、またその後、9月の爆弾低気圧の高波で清畠付近も被災し残念ながら現在は苫小牧〜鵡川間を除き長期運休のためバス代行輸送が行われています。今後どうなるか予断を許さない厳しい状況ですが復旧を信じたい思いです。

窓が開く鈍行列車からは北海道らしい牧歌的な風景や昆布干しの風景、牧草や潮、昆布の香りを楽しめる素晴らしい路線だった日高線を偲び、運休の4か月ほど前の秋の風景を紹介したいと思います。ちなみに撮影した車窓はすべて海側です。

こん回はその5回目です。トップ写真は静内〜東静内間から
日高線らしい海と牧場の両方を堪能できる車窓が展開します。

(尚、撮影は2014年9月7日)

日高線

静内の市街を抜ければすぐに太平洋が寄り添います。

日高線

静内側(苫小牧方向・進行逆側)向きの車窓、こちらは順光なので青空がきれいです。

日高線

静内側(苫小牧方向・進行逆側)向きの車窓、いい天気です。本当に。。

日高線

日高らしく、このあたりでも昆布干しが見られました。

日高線

日高線らしい車窓、海とサラブレッド。これで馬が走っていれば絵になるのですが、そう上手くはいきません、団子状態です(笑)

日高線

静内側(苫小牧方向・進行逆側)向きの車窓、お馬さん、さやふなら。

日高線

春立駅に到着。

日高線

春立や日高東別辺りは、海を離れどちらかと言えば山側を走ります。山海どちらも楽しめる日高線、こんな小さな牧場も車窓の魅力でした。

日高線

日高三石の手前まで牧歌的な風景が展開しました。

日高線

ちよっと変わった形の新しい日高三石駅に到着。

日高線

続きは上の画像をクリックしてください。

宗谷線、日高線、天北線など鉄道関連は下記画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」