カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
夕張 高松さんぽ2013

夕張 高松

夕張と我が家のある福島はともに国策に揺れた町、夕張市は破綻しました。福島は原発事故で放射能で汚染されました。人口が減る点などまぁ〜何と言っていいのかわかりませんが似通った点もあるような気がします。福島の行く末が今後どう推移するかわかりませんが、夕張以上に悲惨な状態になる可能性も秘めていることだけは非常に残念ですが間違いない事実です。

かって夕張炭鉱の中心地とも言うべきこの高松地区の周辺部は丁未、錦、小松、富岡など無人になった地区も多く、冬季休業になっていた石炭の歴史村同様に静寂そのものです。写真に見える巨大な煙突は夕張炭鉱総合ボイラー煙突です。夕張希望の丘と煙突には書かれていますが、周辺部の施設は破綻前と違いすべて冬季閉鎖中で微妙です。福島でお経のように唱えられる「復興」の文字と同様の虚しさを感じました。

我が家のある街がこの地区と同じような運命にならなければいいのですが、川の流れのようにただひたすらに運命に従うしかありませんね。無常であります。。。

夕張 高松

住初地区より社光・高松地区を望む、右側の真っ白な山が夕張炭鉱の巨大なズリ山です。そのため山には木が殆どありません。またその手前の山に北炭夕張炭鉱ズリ捨て線のトンネルや橋脚の一部を写真から確認できます。手前の丘にはかって高松や社光の炭住が並んでいました。

夕張 高松

夕張石炭の歴史村一角にある北炭夕張炭鉱専用鉄道高松跨線橋(写真右)、雪に埋もれた建造物は映画「北の零年」で使用されたものを大夕張地区より移築したものです。以前は高松地区炭鉱浴場があったようです。3月下旬ですが積雪が凄くこれ以上近づけませんでした。スノーシューやかんじきでもないと無理です。

夕張 高松

高松地区より、福住地区を望む、かって炭住が斜面にならんだ光景も今は原野に帰りつつあります。

夕張 高松

同じく、高松地区より福住地区を望む、下の駐車場になぜかロンドンバス?が雪に埋もれてました。石炭歴史の村の駐車場も全く除雪がされていませんでした。学校の左下あたりに以前は国鉄夕張駅が石炭の歴史村事務所として使われていましたがこちらは道路工事のため撤去、また学校より右下の方向には、夕鉄バスと中央バスが利用していた石炭歴史村ターミナルがあったんですがその建物もなくなっていました。。。。

前はあったんですけどねぇ〜。ちなみに2007年には両バス会社とも乗り入れを止め、現在、夕鉄バスの終点は社光、中央バスの終点は末広地区にあるレースイリゾート(現夕張駅前)になっています。人も来ないバスも来ない、そんなこの地区の冬は静寂そのものです。

唯一存在感があるのは宿泊施設になっている旧旭小学校ぐらいです。なんか福島と重なるものを感じる高松地区でありました。。。。。。。。

夕張 高松

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された夕張:高松・社光・福住地区、写真の小さい○が国鉄夕張駅です。すぐ右手には北炭夕張炭鉱の巨大施設が見え、炭鉱を中心に右側には高松・社光、左側には福住の炭住街が広がっています。炭鉱の盛衰とともに福住地区は山手より炭住が無くなってきているのがわかります。今は勿論炭住自体が全く残っていません。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

また社光と高松地区の間には北炭夕張炭鉱ズリ捨て線、その先には巨大なズリ山が見えます。また小さい○の夕張駅すぐ上には宿泊施設になった昭和50年開校の旧旭小学校(元夕張第二小学校)が見えます。ちなみに元夕張第二小学校ですが夕張が一番人口の多かった昭和30年代(約11万6000人)には学級数55、2800人を超える児童で北海道一のマンモス校だったようです。

また福住地区に見える大きな○は北陵中学校と併設された福住小学校と思われます。そのすぐ上に見える福住の斜面を登る福住人車をみることができます。この学校跡に花とシネマのドリームランドが建設されました(閉鎖)

福住人車は昭和20年に山の斜面に出来た福住の炭住街の住民や物資を運ぶために北炭が建設したケーブルカーで終点の福住6区まで路線延長は750メートル(標高差135メートル)途中には雄飛台、福住3区で乗り降り可能、運賃は無料だったようです。昭和49年に廃止されたようです。

夕張 高松

夕張高松地区の奥にも以前は炭住街が続いていましたので紹介します。ちなみに小松地区を写真右方向が高松地区、富岡地区写真右方向が福住地区になります。

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された夕張:丁未地区、写真○部分が旧丁未小学校でその後「夕張めろん城」に生まれ変わりましたが破綻してます。ぐねぐね曲がった道を進めば万字・岩見沢方面になります。道路周辺部を除けば炭住が次第に無くなってきていることが見て取れます。

また錦地区と富岡地区の中間に見えるズリ山は夕張炭鉱第一坑ズリ山になります。富岡には長良坑跡の残炭を昭和60年ごろまで露天掘りしていたようです。

小松地区横(写真右)に見える施設は大新坑の施設と思われます。昔の鳥瞰図にはこのあたりに夕張発電所の文字を見ることができます。

「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・夕張・空知など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

夕張関連コンテンツ

夕張支線スケッチ2013 夕張 沼ノ沢スケッチ 夕張 高松さんぽ

夕張モノクロ紀行 夕張モノクロ紀行A 大夕張さんぽ

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 奔別・幌内紀行 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

歌志内・上砂川モノクロ紀行 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011