カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
夕張 清水沢・清陵町さんぽ2013

夕張

夕張で何となくですが個人的に一番夕張らしい風景を残しているのがこの清水沢清陵町のような気がします。もちろん夕張の他の地区が住民の移転等様々な理由でだんだん自然に回帰しつつある現状があるからです。その点、清陵町は、市の中心部にあり、比較的ですが新しい炭住アパートだったこともあり原形を留めているような気がします。

もともとは農地だったようですが北炭が労働者のために開発した団地です。昭和50年の夕張新鉱の出炭で賑わいましたが昭和56年の北炭夕張新鉱事故、翌年の閉山で大きな影響を受けた夕張の歴史を象徴するような地区でもあります。あの事故は当時、テレビで連日放送されたのを今でも記憶しています。

夕張

清水沢宮前町を通り過ぎ夕張川にかかる清水沢橋を渡れば清水沢清陵町になります。高台に炭住アパート群が見えます。

夕張

最盛期の昭和30年代には11万を超え、36もあった小中学校も統廃合を繰り返し、今は小中1つずつ、その貴重な1つのゆうばり小学校がこの清陵町にあります。丁度学校に夕鉄バスが入りました。しかも登川行き、当時は鉄道、路線バスがあった登川地区も2017年12月時点で路線バスすら無くなりました。

夕張

春近き清陵町

夕張

それにしても残雪が多い年でした。

夕張

昔は賑わったであろう清陵町の商店街

夕張

個人的には夕張らしいなぁと思える清陵町♪

夕張

昭和の香り漂うお店も頑張っていました。

夕張

午後の買い物を楽しんだ夕張マダム

夕張

夕張と言えば、事故で多くの方が亡くなられた場所、特にこの夕張新鉱は93名もの方が亡くなられています。ただただ。。。合掌。。

夕張

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された夕張市清水沢、写真一番左の○が夕張川にかかる清水沢橋、左側が清水沢宮前町、右側が清陵町になります。清水沢橋右上の○が清陵小学校と思われます。その右下○が夕張新鉱の坑口付近、右端の○が夕張川にかかる清陵橋です。対岸が南清水沢地区になります。夕張川対岸の南清水沢地区にある、写真下中央部の○は当時国鉄夕張線南清水沢駅付近となります。

「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

続きはそのうち作る予定です。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・夕張・空知など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

夕張関連コンテンツ

夕張支線スケッチ2013 夕張 沼ノ沢スケッチ 夕張 高松さんぽ

夕張モノクロ紀行 夕張モノクロ紀行A 大夕張さんぽ

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 奔別・幌内紀行 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

歌志内・上砂川モノクロ紀行 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011