カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
夕張支線スケッチ2013

夕張

大震災、そして福島の原発事故を経験し西の果てに自主避難した私には遠く遠くなってしまった北海道、正直もう2度と行けないと思っていました。あれから2年、本当にいろいろなことがありすぎましたが、運よく私はまた北海道へ行くことが出来ました。行く前は、これが最後の北海道だろうと勝手に思い込みながら旅立ちました(笑)、その最初の目的地が夕張でした。もちろん意味はありません(笑)なんとなくです。

そういえば、震災でつぶれた私の計画の最初の目的地も夕張でした。今回は最後と思い、夕張市内をバリバリ歩いて足が痛くなりました。夕張市の人口は現在バリバリではなくギリギリ1万人300人ほどで風前の灯、1万人にも届かなくなる日も時間の問題でしょう。

夕張

西の果てを朝旅立って午後には夕張に向かう列車に乗っています。飛行機は鈍行と違って誠に早いですね(爆)青空や久々の雪景色に思わず心が躍りました。

夕張

朝の夕張支線沼ノ沢駅付近、暖かい光がレールを照らします。

夕張

朝一の夕張行き、道内でも3本指に入る寂しい利用状況ですが地元に方には貴重な足です。

夕張

高校が近くにあり夕張支線の中でも利用が多い南清水沢駅。

夕張

南清水沢駅と単行列車、夕張支線、南清水沢駅には現在も委託された女性駅員さんがいて、駅舎内も支線の中では一番暖かみを感じます。私も飴玉を2個頂きました♪

夕張

夕張支線内(新夕張駅除き)唯一の有人駅の清水沢駅、駅舎も大きくどっしりしています。

夕張

ホームの屋根そして駅舎へ行く跨線橋もなくなり、スカスカ感を感じる清水沢駅、お客さんもすかすかの列車が終点夕張を目指し走っていきました。

夕張

夕張支線の中でも個人的に好きな鹿ノ谷地区、無人になった炭住のある丘から鉄道模型のような夕張支線の列車を見ることができます。鹿ノ谷駅には貴重な乗客2名が列車を待っています。

夕張

夕張支線の列車が常盤・若菜方面へ走ってゆきます。できれば若菜にも仮乗降場でもあると便利なんですが、本数の多さを考えれば贅沢は言えませんね(笑)

夕張

鹿ノ谷駅 駅名標 またの名をユクルベシベ(アイヌ語地名)

夕張

夕張支線の鹿ノ谷駅、付近にあった高校も無くなりひっそりしています。でも駅舎内は地元の方に大切にされています。駅舎の形は清水沢駅をコンパクトにしたような形でこちらが弟分のような感じです。駅右上には無人になった炭住が残っています。昔は夕張鉄道の駅もありとても賑わった地区です。

夕張

鹿ノ谷駅を出た列車が終点夕張を目指します。近年駅が移動したことにより歩いてもいけるほどに近くなりました。写真右手の空き地には夕張鉄道の鹿ノ谷機関区があった場所で機関庫が倉庫として1つ残っているようです。たぶん2つあったのでひとつは最近取り壊されたのかもしれません。

夕張

炭鉱から観光の街へ変貌した象徴のひとつともいえる、レースイスキー場とホテル前に移動した現在の夕張駅、場所は旧夕張鉄道末広駅の近く末広地区、駅前に飲食屋台、セイコーマートもあるので便利です。駅にはトイレもあるし運がよければ観光案内の方もいらっしゃいます。稚内駅と同様に今風?の終着駅ともいえますね。観光客を含めもっと利用者が増えて欲しい石勝線夕張支線スケッチでした。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島・空知など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

夕張関連コンテンツ

夕張支線スケッチ2013 夕張 沼ノ沢スケッチ 夕張 高松さんぽ

夕張モノクロ紀行 夕張モノクロ紀行A 大夕張さんぽ

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 奔別・幌内紀行 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

歌志内・上砂川モノクロ紀行 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011