カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
夕張本町さんぽ 2013@

夕張

夕張の中心と言えば、この夕張本町です、今でも市役所やホテルシュ-パロなどがあります。廃線になりましたがJRや夕張鉄道の終点があったこともありますし、デパートもありました。今は栄枯盛衰、人口も減り静かな佇まいをみせています。

その夕張本町の一角に歓楽街の梅ヶ枝通りがありました。「ゆうばり 喰うばり 坂ばかり 一発 どんどくりゃ 死ぬばかり」と唄われヤマの男たちで賑わった時代も今は昔、今も雰囲気を伝えながらも建物も減り、人も減り、空いている店も殆どなく閑古鳥状態、栄枯盛衰、今の夕張を象徴しているような場所に思えます。

夕張

社光のほうからてくてく散歩して。さぁ〜夕張だ、ラーメンを食おう♪、昔の写真を見るともっとオシャレな建物だったのんき屋さん、当時は建物が傾き、店主のおばあちゃんと共に市民に大変親しまれたようです。2004年に建物も新しくなり娘さんが今も店を守っています。何と言ってもこの立地が素敵です♪

夕張

店主と夕張話をしながらラーメンで体を温めます♪

ちなみに場所は夕張本町1丁目ホテルシュ-パロの裏手です。

夕張

雪が多いという前に家の前が除雪されてないところが多い印象。

夕張

昔は賑わっていたんでしょうね。

夕張

まだ頑張っている店もあるようです♪

夕張

通りに人影はなく閑古鳥状態。

夕張

静かな梅ヶ江通り、不夜城の面影はありません。

夕張

映画の舞台にもなった下の通りへの道もご覧も通り。これが今の夕張でした。

夕張

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された夕張:夕張本町並びに末広、鹿の谷地区、写真の小さい@が国鉄鹿ノ谷駅です。@の下部分は鹿ノ谷東丘町になります。Aは鹿の谷山手町にあった夕張北高と思われます、現在宿泊施設として稼働中です。

Bは末広町の炭住街、現在は新しいアパートが並んでいます。Cは末広にあったJRの3代目の元夕張駅、並びにレースイリゾート付近になります。

Dの写真上側は夕張本町6丁目にあった元夕張小学校、下が夕張本町5丁目にあった元夕張中学校になります。

Eのすぐ左の大きな建物が夕張本町4丁目にあった夕張市役所や市民会館付近になります。この裏側に2代目の夕張駅や夕張鉄道夕張本町駅がありました。

写真右下端の集落が夕張本町の中心街の2〜3丁目付近になり当時は境目付近を十字街と呼び本町商店街が形成されていまいた、歓楽街の梅が枝通りはこちらのより山側の通りにありました。

ちなみに3丁目と4丁目を結ぶ橋は栄橋、流れる川は志幌加別川になります。

「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

続きは下記画像をクリックしてください

夕張、空知炭鉱遺産関連はこちらから♪

「カムイミンタラ」夕張

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

夕張関連コンテンツ

  

  

  

夕張支線スケッチ2013 夕張 沼ノ沢スケッチ 夕張 高松さんぽ

夕張モノクロ紀行 夕張モノクロ紀行A 大夕張さんぽ