北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
宗谷・増幌さんぽ2013 マシュポポイ

宗谷

2013年春、震災以来久々の宗谷の旅、稚内在住の花柄クジラさんに宗谷のいいところ、いろいろつれてってもらいました♪心が晴れる宗谷の旅、写真は昔アイヌの人たちがチャシ(砦)に使ったらしい、増幌チャシ跡。木がなければ周りの展望は絶好の場所です。どんな方が暮らしていたんでしょうね。

宗谷

早速やってきました。まずは今話題?の近代遺産、旧帝国海軍大湊通信隊稚内分遺隊幕別送信所庁舎でございます。場所は旧天北線恵北(けいほく)にあります。余談ですが恵北の地名が以前は幕別でした。ちなみにシュプント―(大沼)には大沼海軍水上機基地が設置され、大湊海軍航空隊稚内派遣隊が進出し、零式水上偵察機が宗谷海峡の哨戒を行っていたようで、近年まではその遺構も残っていたようですが残念ながら現在は残っていないようです。

宗谷

特別に地域の方にもご案内頂き、まだ雪深い時期ですが見ることができました。尚、単独行動は危険ですのでくれぐれも慎みましょう。なかなか瀟洒な建築物です。

宗谷

近代化遺産として世界遺産になった長崎の端島(軍艦島)と同様、この遺産をどう保存するかが今後の一番の課題と言えます。環境が厳しいため今の状態を維持するだけでも大変でしょう。

宗谷

こちらは見事に補修された建物です。地元の方の熱意が伝わってきます。あぁいつのまにか結構雪が降ってきました。

宗谷

恵北を後にして増幌へ、いつのまにかいい青空、心も晴れます♪

宗谷

増幌チャシもいい感じ♪雪原が目に沁みます、私の好きな地名が増幌(ますほろ)の語源になったと言われるマシュポポイ=マシュ・ウポポ・イ(かもめ・踊る・処)、かもめは踊ってませんが心が躍る増幌でした。

つづく

宗谷

続きは上の画像をクリックください。

礼文、利尻、稚内、サロベツの旅の項目はこちらからどうぞ。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」