北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
JRバス深名線 車窓の旅B(朱鞠内〜名寄)

JRバス深名線

このコーナーでは、震災や原発事故、そして西の果てへ自主避難後の2013年3月下旬に久々楽しんだJRバス深名線の旅を車窓中心に3回に分けて紹介したいと思います。北海道路線バスの中でも個人的には3本指に入る景色のいい路線です。運賃も比較的に安く名寄まで3時間半ほどのバス旅が楽しめます。雪の季節もいいですが、新緑の季節はきっと最高なんでしょうね。今回は3回目で終着の名寄までを紹介します。ちなみに写真は、北母子里です。

※深名線名寄までの鉄道時代の駅 朱鞠内駅-湖畔駅 - 蕗の台駅 - 白樺駅 - 北母子里駅 - 天塩弥生駅 - 西名寄駅 - 名寄駅

朱鞠内〜名寄までのバス停 

朱鞠内 - まどか前 - 三股 - (湖畔)−エンジン橋 - 母子里(もしり) - 牧場前 - 日塔宅前 - 北川宅前 - 天塩弥生 - ライスセンター前 - 稲川商店前 - 市立病院前 - 西3条南6丁目 - 名寄駅  湖畔は夏季のみ

JRバス深名線

朱鞠内を出たバスは三股地区(湖畔方面)に立ち寄った後、また朱鞠内に戻り、エンジン橋より次の母子里を目指します。朱鞠内に戻る際に朱鞠内の街並みを見下ろすことができます。ここから鉄道駅のあった北母子里までは鉄道時代と大きく経路が異なりますが、人家もなく影響もありませんし、車窓自体は朱鞠内湖を楽しめるバスの方が上のような気がします。

JRバス深名線

車窓からは三股地区を見ることができます。向こうの山は、羽幌との境にあるピッシリ山、この風景を見ると、こんな自然環境の厳しい場所で暮らす人間の力は凄いなぁ〜とただただ思います。

JRバス深名線

車窓からは雪原化した朱鞠内湖がちらちら楽しめます。

JRバス深名線

天気がいいので路面が出てきました。

JRバス深名線

雪に埋もれた母子里バス停、ここが日本の最寒地域です。

JRバス深名線

母子里から名母トンネルを超え峠を下り名寄を目指します。右車窓遠くに名寄盆地が見えてきます。

JRバス深名線

鉄道時代駅のあった峠を降りた麓付近にある天塩弥生バス停、倉庫といった感じです。

JRバス深名線

北国の春といった風景♪

JRバス深名線

なんと名寄近くでも作業車が除雪中で道をふさぐ場面もありました。本当に大雪の深名線の風景でした。おわり。興味があれば、ぜひJRバス深名線にご乗車ください。

JRバス深名線 JRバス深名線

JRバス深名線車窓の旅 @Aは上の画像をクリックしてください。

尚、深名線に関しましては宜しければ下記のリンクにあるJR北海道バス深名線のアイヌ語地名もご笑覧ください。

深名線のアイヌ語地名@ 深名線のアイヌ語地名A

カムイミンタラ、宗谷線・天北線など鉄道関連の項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

留萌・羽幌線関連コンテンツ

留萌本線のアイヌ語地名 羽幌線のアイヌ語地名@ 羽幌線のアイヌ語地名A

北海道 鉄道・路線バス・時刻表関連

北海道の列車・駅 北海道 バスの風景 道内時刻表