北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
JRバス深名線 車窓の旅A(幌加内〜朱鞠内)

JRバス深名線

このコーナーでは、震災や原発事故、そして西の果てへ自主避難後の2013年3月下旬に久々楽しんだJRバス深名線の旅を車窓中心に3回に分けて紹介したいと思います。北海道路線バスの中でも個人的には3本指に入る景色のいい路線です。運賃も比較的に安く名寄まで3時間半ほどのバス旅が楽しめます。雪の季節もいいですが、新緑の季節はきっと最高なんでしょうね。今回は2回目で朱鞠内までを紹介します。

※深名線幌加内までの鉄道時代の駅 幌加内駅-上幌加内駅 - 雨煙別駅 - 政和温泉駅 - 政和駅 - 新富駅 - 添牛内駅 - 大曲仮乗降場 - 共栄駅 - 朱鞠内駅

※JRバス深名線幌加内までのバス停 幌加内 - 幌加内小学校前 - 振興 - 上幌加内 - 雨煙別 - ルオント前 - 政和 - 政和第三 - 政和8線 - 新富 - 添牛内郵便局前 - 添牛内小学校前 - 大曲 - 共栄 - 朱鞠内小学校前 - 朱鞠内


尚、深名線に関しましては宜しければ下記のリンクにあるJR北海道バス深名線のアイヌ語地名もご笑覧ください。

深名線のアイヌ語地名@ 深名線のアイヌ語地名A

JRバス深名線

幌加内のバスターミナルには深名線資料室があります(2階)バスの休憩時間に見学することも可能です(休館でなければ)、実は私が行くといつも開かずの間でしたが、今回は初めて中に入ることが出来ました。当時の駅の写真など見所があります。

JRバス深名線

さて幌加内市街を抜け朱鞠内を目指しバスは走ります。それにしても道路脇の雪の壁に。。。凄い今年は本当に雪が多かったんだなぁ〜と思いました。3月下旬ですからね。西の果てなんか全く積もりませんでしたから。。。

JRバス深名線

雪の壁が高く、車窓からも雪の壁で上半分ほどしか見えません(笑)。。。。交差点やバス停でようやく視界が広がります。上幌加内バス停

JRバス深名線

雨煙別の手前で雨竜川を渡ります。今年は川がまだ結氷中でした。

JRバス深名線

政和温泉手前のポンカムイコタンに残る深名線の遺構:第3雨龍川橋梁、いつもだと川も見えるんですけど雪壁で橋梁しか見えません。ここだけ見ればまだ列車が走っても不思議ではない光景です。

JRバス深名線

政和から北上し添牛内地区を目指します。ちょっとした峠越えの雰囲気です。

JRバス深名線

対向車も家屋もこの辺りはあまりお目にかかれません。天気がいいので路面の雪が融けてきてますね。

JRバス深名線

朱鞠内手前で、対向のJRバスと交換。

JRバス深名線

北海道でも特に豪雪と最寒地帯で知られる朱鞠内集落に到着、といってもそんなに大きな集落ではありません。鉄道時代はここで名寄方面と深川方面と運行系統が分かれていました。

JRバス深名線

流石というか凄い雪です。除雪も生活も南の人間には想像を出来ない世界かもしれませんね。同じ日本とはいえ、長い証拠でしょうか。

JRバス深名線

続きのB名寄まではそのうち作ります。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

留萌・羽幌線関連コンテンツ

留萌本線のアイヌ語地名 羽幌線のアイヌ語地名@ 羽幌線のアイヌ語地名A

北海道 鉄道・路線バス・時刻表関連

北海道の列車・駅 北海道 バスの風景 道内時刻表