カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
南大夕張さんぽ 2013A 清水沢清栄町・清湖町

夕張

夕張シリーズ、今回はその2回目、前回紹介した清栄町とダムを挟んで対岸にある清湖町になります。

長らく更新を怠りましたが、また何となく再開したいと思います、今年は2017年、もうあれから4年半ほどの月日が流れてしまいました。その17年の秋、夕張に動きがありました。

地元を走る夕鉄バスの路線廃止です。南部を始め、登川、真谷地、滝の上へ行く枝線が廃止されたようです。利用者の減少が理由でしょうが、鉄道の廃止も決定的な状況でまさに追い打ちをかけるがごとく夕張には相変わらず厳しい風が吹いているようです。

(撮影は2013年3月下旬)

夕張

夕鉄バス清湖町入口バス停、本数は減ったとはいえこの時点ではまだ現役でした。清水沢の発電所最寄りのバス停でしたが、その建物も取り壊し中、バスも廃止となってしまい、残るのはズリ山だけになるのでしょうか。。

夕張

清水沢ダムの堰堤上の道を渡れば清湖町になります。昔の夕張鳥瞰図を見るとこの近くに鐘ヶ淵温泉が描かれています。以前は市民の湯治場として賑わった時代もあったことでしょう。夕張川向に見える清水沢発電所はよき風景でした。

夕張

清湖町側から対岸の清栄町、清水沢炭鉱の関連の建物が見えます。

夕張

清湖町の集落へ向かうか細い道。

夕張

清湖町入口付近を走る夕鉄バス。南部地区へ路線バス復活の可能性は著しく低い。

夕張

清栄町側から見る夕張川対岸の清湖町B。右上の湖口部分が清水沢ダム

夕張

清栄町側から見る夕張川対岸の清湖町A、対岸の岬部分の突端が2つ下の空中写真の道立夕張療養所があった場所付近になります。もちろん今は何も見えません。

夕張

清栄町側から見る夕張川対岸の清湖町B。岬の突端とその対岸(左側)は遠幌(住之江町)付近になります。

夕張

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された夕張:清水沢清栄町と清湖町、写真下の○部分が旧北炭清水沢発電所、その上部が夕張川を堰き止めた清水沢ダム(水力発電所)、ダムを渡った対岸が清湖町になります。上部の○は、また右上部の小さな○は道立夕張療養所、その奥に多数の住宅街が確認できます。今は数軒を残すのみのようです。ちなみに昭和60年の国勢調査段階で8世帯。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

夕張

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された夕張:清水沢清湖町(上部)清栄町(下部)。左○が夕張川を堰き止めた清水沢ダム(水力発電所)、その右下○が旧北炭清水沢発電所、右端の○が鳥瞰図で鐘ヶ淵温泉と書かれた部分と推定されます。写真を見ると、温泉の前は夕張川そして目の前に大きなズリ山があったみたいです。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

続きは、大夕張鉄道の停車駅があった遠幌駅付近、南部住の江町付近の予定です。

このページからお入りのお客様、カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

夕張関連コンテンツ

夕張支線スケッチ2013 夕張 沼ノ沢スケッチ 夕張 高松さんぽ

夕張モノクロ紀行 夕張モノクロ紀行A 大夕張さんぽ

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 奔別・幌内紀行 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

歌志内・上砂川モノクロ紀行 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011