カムイミンタラ北海道・樺太アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」に戻る

天北線・宗谷本線・北海道鉄道関連ページに戻る

抜海駅 2013

抜海駅

抜海駅は稚内市抜海村クトネベツにある日本最北の木造駅舎の残る駅、私にとっては近年、利尻を見るために何度も通った思い出深い地です。そうそうこのサイトをつくるきっかけも抜海でしたね(笑)そのお陰でいろいろ縁ができたことも有難い事実です。ところが震災と原発事故で西の果てに避難し、外国のように遠く遠く感じる場所に変化してしまいました。

もう2度と行くことは出来ないだろうと思い、心も知らぬ間に塞いでいましたが、運よく2年後に降り立つことができました。抜海駅に降りたときは気負って、人生最後の抜海を存分に楽しまなくてはと思っていましたが、3日後には心境が変化しました。簡単にいえば私の心に希望の花が小さく開花しました。やっぱり私にはいつまでも大事にしたい抜海です。
(尚、撮影は2013年3月下旬です)

抜海駅

3月25日、久々に抜海駅に降り立ちました。まもなく沈む夕陽の下に抜海駅ホームにありながら長らく藪に隠されていたミニ利尻がはっきりと存在感を示していました。

抜海駅

この日、偶然にも駅舎側にある抜海駅駅名標が新しいものに交換されていました。ばっかいのフォントが今までと違うピカピカの1年生が初めての夕陽を浴びていました。

抜海駅

次の日、利尻は見えませんが天気最高、駅名標も輝いていました♪

抜海駅

この日は、始発列車で音威子府まで往復、久々に宗谷北線の車窓を堪能♪。

抜海駅

次の日もいい天気、今日は一足早く息子が札幌へ南下していきました。初めての宿泊をともなう息子の一人旅を歓迎するように駅名標も旭に輝いてました。昨日と一緒ですけど(^^;

抜海駅

抜海を去る最後の日の朝、月光に照らし出された利尻が山頂までくっきり見え、勝手に興奮していましたが、じぇじぇじぇ〜(あちゃ〜〜)明るくなるにつれ雲隠れ(涙)原発事故同様、世の中の厳しさを勉強しました。。。それでも何となく抜海の丘を散策、クトネベツ原野にぽつんと抜海駅が見えました。もちろん駅前商店街なんてありません。

抜海駅

いつもと違う方向から抜海駅。

抜海駅

最後の日は、始発列車で勇知まで往復し簡単な神社参拝を終え、11時の列車で抜海をいつものごとく去りました。珍しく駅ノートに心境の変化まで書いたような気もしますがはっきりは覚えてません(笑)でもまた行けたら行こう、まだ生きているのでそんな希望を持ちながらとりあえず生きよう。そう思いました。

たとえ結果的にこれが最後であったとしても。。。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

宗谷北線関連コンテンツ

宗谷線雪レ スケッチ@ 宗谷線雪レ スケッチA

冬の宗谷線スケッチ2011@ 冬の宗谷線スケッチ2011A

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏@ 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏A 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏B

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏C 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏D 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏E

宗谷本線 車窓の旅 春@ 宗谷本線 車窓の旅 春A 宗谷本線 車窓の旅 春B

宗谷本線各駅停車 車窓の旅@ 宗谷本線各駅停車 車窓の旅A 宗谷本線各駅停車 車窓の旅B

宗谷北線のアイヌ語地名 宗谷北線のアイヌ語地名A 宗谷北線のアイヌ語地名A

宗谷線 旅日記(08年)  厳寒の宗谷北線 スケッチ  早春の宗谷線スケッチ

利尻関連コンテンツ

稚内カムイトウ 利尻スケッチ2010  利尻スケッチ2010初夏@ 稚内市抜海村 利尻スケッチ2010初夏A 稚内市抜海村

抜海村利尻スケッチ2009@ 抜海村利尻スケッチ2009A

 稚内抜海村 利尻スケッチ 稚内抜海村 利尻スケッチ(08年・夏)  

利尻写真日記 利尻島のアイヌ語地名さんぽ@(鴛泊〜鬼脇)  利尻島アイヌ語地名さんぽA(鬼脇〜沓形)