<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
冬の新十津川駅

札沼線

札沼線の末端部分である浦臼〜新十津川間は2016年春のダイヤ改正でとうとう1往復となってしまいました。それどころか2020年5月に北海道医療大学〜新十津川間の廃止が決まり札沼線も札幌近郊だけの路線となる予定です。そんな札沼線の末端部分がまだ元気な頃?2011年1月の新十津川駅です。この後東日本で震災あるなんて思ってもみなかったですね。

ちなみに新十津川駅にも3往復の列車が運行されてました。廃止直前はそれぐらい走らせるんでしょうか?また行きたい青空に雪の新十津川駅♪

札沼線

この日は、幌内線跡や炭坑跡をさんぽした後、岩見沢から滝川へ出てそれから中央バスで新十津川駅へ向かいました。

札沼線

冬型の厳しい日でしたが稀に青空も見られました。駅近くのコンビニでカップめんを買って駅で食べました。当たり前ですが当時は駅には誰もいず、駅内も暖房設備など勿論なく冷凍庫状態ですが屋根があるだけでも有難かったです。青空と雪の新十津川駅名標

札沼線

晴れとすぐに終わり雪が降り続きます。雪の新十津川駅

札沼線

新十津川駅に待ちに待った二番列車が来ました。天気が暗いなぁ。。

札沼線

さぁ〜乗客が降りる列車を撮ろうとドキドキしながら待ちます。

札沼線

プシー、ドアが開きました。。。。。。。あれっ誰も降りません(涙)

結局乗客は0だった模様。。当時はまぁ〜普通のことだったと思います(汗)

札沼線

当時は園児によるお見送りもなくポニーもなくただの静寂な冬の新十津川駅でした。

札沼線

新十津川発二番列車、石狩当別行き、まもなく発車〜♪結局、乗客は私だけ貸し切り列車で出発しました。冬は豪雪地帯になるこの地域、車窓を楽しもうと思いましたが、朝から歩き疲れ、列車内の適度な暖かさと揺れで殆どうたた寝してしまい気付いたら、石狩当別駅に着く状態でした(汗)。

もうこんな静かな新十津川駅は列車のない時間以外は難しいでしょうが、機会があればまた行きたい魅力ある札沼線新十津川駅です。

日高線、根室、札沼、函館線などの旅は下記画像をクリックしてください。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

札沼線関連コンテンツ

札沼線の旅@ 札沼線の旅2016A 札沼線のアイヌ語地名