カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
三井美唄さんぽ2011B

三井美唄

2011年正月、私にも変化の時代がやってきました?そう久々に空知の炭鉱跡をさんぽしました♪、赤平や歌志内を堪能した私は、函館線に乗り、次の目的地、美唄へとやってきました。

今回は前回に続き三井美唄さんぽ、今回は三井美唄の最終回♪、今も残る南美唄商店街と国鉄南美唄駅跡を目指します。

ちなみに写真は南美唄商店街、炭鉱のあった地区でこれほどの商店街が残っているのは道内では珍しいはずです。市内に比べ若干標高が高くなってくるので緩い上り坂にある商店街です。ビバ南美唄!

三井美唄

小さい川を渡り、三井美唄炭鉱の職員が主に居住した地区にやってきました。こちらは職員さん用の住宅です。半分だけリニューアルしてます。子供が家の前でスキーしてました。北国らしい光景です。

三井美唄

こちらも職員さん用の住宅と思われます、マンサード屋根が北国らしく温かみを感じます。こんな建築物があちこち残る南美唄は本当に魅力的な集落です。

三井美唄

さて川を渡り、南美唄商店街に向かいます。屋根の形をみても面白いですね。

三井美唄

炭鉱時代からある南美唄商店街、炭鉱時代は三井系の配給所という強敵もあり、閉山後は人口流失もありながら現在もあるのは素晴らしいです。

三井美唄

南美唄でも大きな○川百貨店、まぁ〜南美唄の三越といったところでしょうか(笑)

三井美唄

なかなかに風格ある店もある南美唄商店街、昭和の香りが漂います。

三井美唄

南美唄商店街より三井美唄炭鉱跡方面、道を上り終わった付近に三井美唄炭鉱事務所があります。

三井美唄

さて、今度は南美唄駅跡と三井南美唄小学校跡を探します、地形図である程度予習していましたが、はっきり言って迷いました(笑)雪も酷くなるし。。。。。おじさんが自宅前を除雪していたので場所を聞いて、また来た場所を戻ります。

三井美唄

ようやく南美唄駅跡付近に来ました。駅前商店がなんとなくあります。

三井美唄

駅向かいにあった日本有数のマンモス校「三井美唄小学校」、普通の美唄市立小学校ですが学校は三井の寄付で建てられた学校のため三井の名がが冠されています。最盛期は3000名を越える児童がいたようですが昭和54年に閉校しています。

三井美唄

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された三井美唄(南美唄)地区、写真左下が三井美唄炭鉱記念碑がある地点、写真中央の小さな○が函館本線南美唄支線南美唄駅跡、大きな○が三井美唄小学校になり、右上より左下に下がる道路に面した家々が南美唄商店街になります。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

三井美唄、とてもいい所でした。三井だけで気がすまない贅沢な私は、雪降る三菱美唄を目指すことを決断します。続きは三菱美唄さんぽ作る予定です。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島・空知など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 夕張モノクロ紀行A 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

札沼線のアイヌ語地名 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011

夕張モノクロ紀行 奔別・幌内紀行 歌志内・上砂川モノクロ紀行