カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
三菱美唄 盤の沢さんぽ

三菱美唄

皆さま、毎度好評の?「冬のガロからこんにちは」今日は3回目でガロを離れ、滝ノ沢・盤の沢地区をご紹介します。盤の沢地区は我路より山を下った場所にあり、新美唄炭鉱(後に三井に買収され三井美唄炭鉱第2坑)や三菱美唄炭鉱滝の沢鉱があった他に巨大な滝ノ沢発電所、美唄鉄道盤の沢駅があり、まさに炭鉱一色の場所でした。

ちなみにトップの写真は盤の沢浄水場横に残る三井美唄炭鉱第2坑原炭ポケットです。

三菱美唄

我路から盤の沢を目指しますが途中にたま〜〜に家がある程度ですが、横に目をやれば美唄川を渡る美唄鉄道の鉄橋跡を見ることができます。現在はサイクリングロードになっています。

三菱美唄

盤の沢近くの高台にぽっかり開いた坑口、三菱美唄炭鉱滝の沢鉱関連の坑口のようです。決して北海道新幹線や未成線のものでないことは確かです(^^;

三菱美唄

草越しに美唄鉄道盤の沢駅ホームが見えています。上の倉庫に囲まれた建物が恐らく三菱美唄炭鉱滝ノ沢鉱事務所のようですが、行ったときはそれとは分かりませんでした(^^;;

盤の沢駅、反対側の美唄川の方にはかって滝ノ沢発電所が残されていましたが現在は整地され跡形もありません(涙)またこの近くに盤の沢子宝温泉もあったようですが何もないようでした。

三菱美唄

暗くなる前に、盤の沢集落に到着、なんかこれでトラックの餌食になることはないと思うと安心(笑)

三菱美唄

炭鉱のありし時代はそれなりに多くの炭住もあった盤の沢地区も現在はパラパラと家がある程度です。

三菱美唄

このあたりが以前は盤の沢の商店街といった場所だったのかもしれませんね。冬季以外の美唄市民バス(旧美唄炭山線)はこの盤の沢本町が終点となります、但し2時間前までに予約すれば「夏のガロ」も可能です。日本でも韓国でもいいのでぜひ「夏のガロから」のドラマか映画を期待したいところです。

三菱美唄

浄水場横に残る三井美唄炭鉱第2坑原炭ポケット、雪もあるし個人ですので遠くから眺めます。間違っても探検まがいのことは慎みます。穴にでもはまって死んでは洒落になりません。山と一緒で遠くから清く正しく眺めるのが一番安全です(笑)

三菱美唄

まもなく「冬のガロからこんにちは」もグランドフィナーレを迎えます。今は清流となった美唄川を見ながら落合栄町を目指します。かってこの右岸の山沿いを美しき鉄道「美鉄」がシュッシュポッポと走っていました。

三菱美唄

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された三菱美唄・盤の沢地区、写真の右の小さな○が美唄鉄道盤の沢駅、盤の沢駅の上にあるのが、三菱美唄炭鉱滝ノ沢新鉱の事務所になります。

盤の沢駅の下にある大きな○が三菱美唄炭鉱滝ノ沢発電所、その近くには盤の沢子宝温泉があったようです。左よりの大きな○が盤の沢集落、写真を撮ってある集落になります。左側が美唄方向、右が常盤台方向となります。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

さて盤の沢に別れをつげ、暗くなってきました。続きは下記画像をクリックしてください。

三菱美唄 落合・東明さんぽ

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島・空知など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 夕張モノクロ紀行A 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

札沼線のアイヌ語地名 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011

夕張モノクロ紀行 奔別・幌内紀行 歌志内・上砂川モノクロ紀行