カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
三菱美唄 我路さんぽA

三菱美唄

皆さま、こんにちは毎度好評の?「冬のガロから」今日は2回目です。前回は我路さんぽと言いつつ、トップの写真以外はガロ度が少なく、結果的にいささか詐欺のようになってしまいましたが今回はたっぷり?我路を紹介しようと思います(笑)

我路は炭鉱とともに栄えた街で、大正3年開業の美唄軽便鉄道(後の三菱美唄鉄道)我路駅開業後にできた街です。地名は美唄川支流でスキー場より旧沼東小学校方向に流れる我路の沢に由来します。雑誌の「ガロ」とは当然ですが無関係です(^^;

東美唄地区の商店街として大きく栄えた我路にはかって通りに沿っていろんな商店が並び、病院や芝居小屋・映画館、パチンコ店・旅館・民宿・学校・寺院などがある街で最盛期は2500名を越える人口でした。鳥瞰図を見ると三菱クラブ・消防署・互楽館なども見受けられます。

ちなみにトップの写真は我路町3条にある我路郵便局(元美唄炭山郵便局)、昭和5年建築のレンガ造りで、炭鉱時代の我路の繁栄を伝える貴重な炭鉱遺産です。現在も細々と簡易局として営業しているほか我路生活館としての役割も果たしています。

三菱美唄

スキー場からとことこ歩いてガロに入りました。視界にガロの集落が入ります。。なんかスカスカで寂しいです、歯がごっそりと抜けたような。。。。2003年にはじめて来たときの印象と違い、なんだか廃屋も含め家が随分減ったような気がします。

7年といえば、廃屋同然の家屋には耐えられない時間だったのかもしれませんが、自分が7年前に見た光景はもしかして幻想だったのでしょうか。。。。なんだか自信がなくなってきました。

三菱美唄

今では本当に小さく小さくなってしまったガロ(我路)恐らく唯一残るお店が我路町2条にある「やきとりガロ」さんです。美唄はB級グルメでやきとりが有名ですがその「美唄やきとり組合」にも加盟しているお土産専門のやきとり店です。この人口の過疎化が激しい我路地区で店を続けていること自体、素晴らしいの一言です。

石炭で栄えた美唄のB級グルメですから、その炭都の中心ともいうべき場所にある「やきとりガロ」さんはまさに名店でしょう。前日か午前中までに予約が必要のようですが評判もとてもいいそうです。私も食べてみたいです。当たり前ですが正月はお休みでした。

三菱美唄

美唄市民バス「我路」バス停、後ろの変った廃屋は、昔は映画館だった「我路映劇」の映写室です。ここのバス停、バス停前に椅子がひとつあって、なかなかお洒落です。

残念なのはバス停名が風化して消えている点(大涙)本当は「我路」の文字があるんですがね。。。我路って書いてればもっとアップで撮るんですが。。。

三菱美唄

我路1条通り付近、廃屋と現在も居住の家が数軒残っています。

三菱美唄

蔵作りのようですが昔は質屋さんだったのかもしれません。こんな廃屋も次にきたら跡形もないなんてこともありえそうなガロです。あと10年後のガロは。。。あまり想像したくありませんね。

三菱美唄

こちらは、我路の名士で旧社会党衆議院議員の「岡田春夫」氏の生家が残されています。目の前は美唄川で現在は風光明媚です、岡田氏が育った頃の美唄川は今と違ってきっと黒々していたのかもしれません。昔の地図を見るとすぐ近くに魚菜市場の文字が見えました。

「死人に口なし」ですが、今の政治を見たら「こんな議員なら国会議員は全部で150人ぐらいでも多すぎるぐらい、明治のように外国の優秀な政治家をちと入れたほうがまし♪」と言ってくれるかもしれませんが所詮私の個人的意見でした(滝汗)

三菱美唄

三菱美唄鉄道我路駅跡、今もホームだけは残されています。以前はきっと家だらけで遠くなど見えるはずがないような景色だったはずですが、家すら殆どなくなったスカスカ状態です。これが日本の行く末です。。そんな風にならないことを祈っています。

三菱美唄

ガロの高台にもまだ若干家屋があります。美唄川の上に見える築堤にはかって美唄鉄道が走っていました。現在はサイクリングロードになっています。(夏季には東明駅よりレンタサイクルできるようです。)行きはずっと上りになるんで結構大変かもしれませんね。

三菱美唄

美唄川と菊水の残り少ない集落を見ながらガロと別れます。さらばガロ ダスビダーニャ!

願わくばいつまでも変らぬ我路であり続けることを祈ります。

三菱美唄

さて盤の沢を目指して歩いています。たまに通るのは大型トラックばかり、トラックの運ちゃんにはきっと怪しい人間に見えるかもしれませんね(^^;; たまにぽつんとある家、なんといい屋根、北海道らしいよき家屋です♪

三菱美唄

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された三菱美唄・我路地区、我路町内には地内に1条〜4条・菊水・公園通り・新町地区がありました、中央の○が我路郵便局(旧:美唄炭山郵便局)中央上の○は我路小学校(後の沼東高校)。左側が美唄方向、右が常盤台方向となります。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

三菱美唄

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された三菱美唄・我路地区、我路町内には地内に1条〜4条までありましたがこの写真を見ればその位置がわかります。これであなたもガロ博士♪銀座のママからも褒められます、高級クラブどころか部活動のクラブしか経験ない私がいうのですから間違いありません(笑)。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

さてガロに別れをつげ、暗くなる前に次の盤の沢地区を目指します。

続きは下記画像をクリックしてください。

三菱美唄 盤の沢さんぽ

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島・空知など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 夕張モノクロ紀行A 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

札沼線のアイヌ語地名 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011

夕張モノクロ紀行 奔別・幌内紀行 歌志内・上砂川モノクロ紀行