<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
赤平炭鉱跡さんぽ 2011

赤平

広い広い北海道、旅行するなら私の場合、大好きな宗谷そしてその次が以前産炭地の多かった空知です。宗谷は物理的に遠いので観光客も限られ、空知は観光資源に乏しいためこちらも観光客が多くはありませんが、どちらも私には北海道らしく好きな地域です。宗谷に自然を空知には歴史を私なりに感じ取っているのかもしれません。

北海道・東日本パスで北海道旅行を再開し、いつのまにか8年ほどになったようです。最初のころは夕張や幌内・歌志内など空知めぐりをしていましたが抜海というパンドラの箱を開けて以来ちとご無沙汰しておりました。

しかし、素晴らしいことに切符の有効期限が5日から7日に増えたのを機会にまた空知も回ることにしました。空知も好きなんです。ただ時間が限られているので最近は寄れなかっただけなのですから。

さて今回は赤平にやってきました♪赤平はアイヌ語のアカ・ピラ(山稜・崖)よりきたアイヌ語地名と言われていますが最近、赤平のアカは市の財政赤字の赤ではないかという説も有力です(大うそ)自慢になりませんが夕張に次ぐ財政赤字で苦しむ自治体が赤平です。夕張と同様元炭鉱町です。最盛期は5万を超えた人口も今では12000人ほどのようです。

赤平といえば住友赤平炭鉱立坑やぐらが残る町、いつも根室線の車窓で見るだけでしたので一度ゆっくり見たいと思っていたのでした。

赤平

久々に赤平駅で下車、ホームからは北炭赤間炭鉱選炭工場を見ることができます。以前はホーム向こうにも沢山の線路があり石炭専用貨車で賑わった赤平駅です。

赤平

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された赤平駅、駅左側には北炭赤間炭鉱の施設が多く残っています。駅の側線も多く石炭貨車がとまっています。進行下が富良野方向、上が滝川方向になります。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

赤平

ででぇ〜〜ん、どうだ凄いだろう?レベルの赤平駅舎、何でも札幌駅の次に道内では大きいそうです。赤平市の財政赤字では市民病院がクローズアップされてましたが、これはどうなんでしょうか?過分なる箱物に見えるのは私だけではないでしょう。。。。。。。。。とりあえずセンスのない建物であることは間違いないです(笑)

赤平

赤平市街を走る中央バス、赤平には滝川から空知川沿いに根室本線とほぼ平行に走る芦別までの路線と滝川より砂川・上砂川・歌志内を通り赤平まで行く路線が走っています。産炭地を巡るのに便利な歌志内経由のバスは個人的にお勧めです。

以前は大型バスも走っていましたが今回はすべてこの中型タイプばかりを目にしました。バスは小さくなりましたが利用者は結構いる路線です。

赤平

赤平駅より徒歩10分、1951年建築の山田御殿があります。炭鉱の栄華を伝える歴史的建造物として解体を免れ現在は蕎麦屋として利用されています。

赤平炭鉱

北炭赤間炭鉱選炭工場とうしろはズリ山(現在:ズリ山階段)777段の階段を上れば展望台があるそうですが時間の都合で断念。駅から直線だと5分ぐらいで行けそうな場所ですが道がなく積雪もあり20分ちょっとかかり予定が大いに狂いました。これもまた旅の醍醐味です♪

赤平炭鉱

北炭赤間炭鉱選炭工場は1938年に開坑の3年後に建てられたもので1965年に北炭から子会社の空知炭鉱に経営が移り1973年の閉山まで活躍しました。

赤平炭鉱

近くで見れば存在感ある北炭赤間炭鉱選炭工場、向こうに見えるのはライバルの住友赤平炭鉱立坑やぐらです。これほど大規模なものが近くにあるのも赤平が炭鉱の町だったことが窺い知れます。

赤平炭鉱

北炭赤間炭鉱選炭工場より歩いて15分、雪道なのでてこずりましたがやってきました。お目当ての住友赤平炭鉱立坑やぐら、残念。。。。。。。。一番大事な住友赤平立坑の赤字の看板がいつのまにか外されていました(大涙)駅名のない駅舎と同じで象徴でもある看板がなくなっていたのはショックでした。。。。

早く来なかった私に責任がありますが。。。。勿体無い気がします。残念でした。

でも奔別の立坑に次ぐ素晴らしい炭鉱遺産と思います。

住友赤平炭鉱立坑やぐらは1963年完成で当時20億円をかけて建てられたそうです。1994年の閉山まで使用され2001年に北海道遺産に認定されています。

北海道遺産なら看板の復活を望みたいところです♪

単に私の来た時期が悪く、看板を替える作業中だったならいいんですが(^^;

赤平炭鉱

上記写真は昭和50年代初頭に撮影された住友赤平炭鉱、右斜め下に根室本線が通っています。進行下が富良野方向、上が滝川方向になります。「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用。

赤平炭鉱

住友赤平炭鉱立坑の説明看板にはうっすらと立て坑にあった看板文字が見えます。さて乗る予定のバスの時刻が近づいたので次は上歌を目指します。続きは下記のバナーをクリックしてください。

歌志内・上歌さんぽ

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

空知関連コンテンツ

幌内線 幾春別さんぽ 幌内線 奔別さんぽ 幌内線 弥生さんぽ

幌内線 唐松さんぽ 夕張モノクロ紀行A 三菱美唄 我路さんぽ@

三菱美唄・我路さんぽA 三菱美唄・盤の沢さんぽ 三菱美唄 落合・東明さんぽ

三井美唄さんぽ@ 三井美唄さんぽA 三井美唄さんぽB

札沼線のアイヌ語地名 赤平炭鉱跡さんぽ 歌志内・上歌さんぽ2011

歌志内・本町さんぽ2011 歌志内・歌神さんぽ2011 歌志内・神威さんぽ2011

夕張モノクロ紀行 奔別・幌内紀行 歌志内・上砂川モノクロ紀行