カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
稚内スケッチ 2010A

稚内

2010年春4月、今回は行く前からすったもんだしたりトラブルが発生し、果たして行く事ができるのか危ぶまれた稚内の旅でしたが、何とかギリギリ旅立つことができました。現在稚内駅前も再開発途中で街も変わりつつあるので市内を中心に稚内を紹介したいと思います。今回の記録2回目です。

稚内

今回もC級ですが「稚内ふるさと大使?」サルルが稚内を紹介します、たぶん観光に役立たないでしょう(笑)単なる街のスケッチですので悪しからず(^^;;

稚内

4月3日はいろんな意味で思い出深い1日で深く稚内を楽しんだ1日でした。(それは別の機会に紹介します。)さて今朝もこまどりから、このこまどりから見る稚内市の景色、以前来たときもいいなぁと思ってましたがやっぱりいい♪抜海とはまた違ったよさがあります。なんといっても稚内市一望できますからね。

今朝も4時台に起きて朝焼けを見ることにしました。昨日は午後から凄い春雪で夜もそれなりに降ったのでまた奇麗な銀世界の稚内です。

稚内

5時ごろの稚内市ウエンナイ・声問方面、右側に天北線跡を利用した天北通りが見えます。知ってる方はたぶん分かります(^^;;

稚内

旭日はどうやら雲から出そうです。右下に2両編成の幌延行き回送列車が写っています。幌延で解結されそれぞれ稚内行き・名寄行き始発列車となります。

稚内

今日も雲からですが旭日が昇ってきました。おはようございます。

抜海

こっち側も時間と共にお空がいい感じになってきました。丘陵の上に見える赤い鉄塔が稚内百年記念塔で北方記念館があり結構お勧めなんですが今の時期は営業してません(涙)

稚内

日が高くなり、稚内の街も赤く染まってきました♪街(写真)で一番高い建物が遠くに見える稚内全日空ホテルです。大赤字ですったもんだした挙句なんとか別のところが引き継ぐことになりました。旅人宿と同額なら利用してあげましょう♪

稚内

明るくなりました。朝だけでも時間がたてばこれだけ違います。さて今回は初日に予定の列車が運休でいけなかった抜海集落に行かなくてはなりません。ただ単に抜海や保食神社にお参りしたいだけなのですが。。

稚内

ところがどっこいしょ。。今回のすったもんだ旅行一筋縄では行かないようで直前にトラブル発生。なんと始発列車に乗り遅れました(大涙)なんてこったい。。。これも日頃の行いでしょう。。。

仕方なくこまどり展望台?から抜海方面へ行く列車を見送りました(涙) 宿の談話室でコーヒーを飲みながら「タッチ」を見ました。今回はどうして抜海にいけないんだろう?と南に聞きましたが、達也のことしか頭に無いのか答えてくれませんでした(^^;;

今回もし抜海に行ったら、岸壁から落ちてアザラシのエサになっていたかもしれない。。そんな災難を避けさせるためにこんなことがきっと続いたんだろうと自分に言い聞かせ頭を切り替え市内見物することにしました。

稚内

さてやってきました♪稚内駅前、そういえば駅前再開発で右にあった旧西條もなくなってます。何年か前まで日本一短いロープウェイもありましたがそれも無くなったし、旧フェリーターミナルも無くなったし、いつのまにか結構かわってきた稚内です。

稚内

今朝は道が結構凍っていて怖かったです。特に南駅前は怖いので迂回するほどでした(^^;;はいっ左に見えまするのが相沢食料百貨店さん、駅近くなので皆さんも買い物するならここ便利ですよ。朝8時ですが日曜のためか人がいません。。

稚内

稚内駅前バス停、こちらは市内線用で駅から通り2本離れています。駅前バス停前には私の好きなクラーク書店があります。最北にある立派な本屋で内容も人口の割にはとても充実しています。間違いなく旭川以北では一番品揃えがいい本屋さんだと思います。頑張れクラーク♪

稚内

クラーク書店さんの前にはサッポロドラッグストアがあります。ここも安いので私は相沢とともによく利用してます。旅行者の皆さんチェックです。いや旅行者は普通こんなとこ使いませんね(笑)

市内から近いノシャップ岬に行くことにしました。ここのは水族館もあります。まだ冬なんでやってませんがね(笑)

稚内

のんびり10分ほど走りノシャップに到着、宗谷バスは稚内市内の(富士見〜稚内駅〜潮見5〜声問)までは本数もそこそこ値段もそこそこで利用できます。ただ市内を出ると急に運賃メーターにモーターがあるような勢いであがります(^^;;仕方ないことですが。。バス停の向こうに見える灯台が日本で2番目に高いノシャップ灯台です。

稚内

ノシャップから礼文行きの連絡船(ハートランドフェリー)を眺めます、できれば渡りたいな〜♪このノシャップ沖は写真でも分かるように手前に難所があり、先日も外国船が座礁しました。

稚内

気温は2度ぐらいで暖かいですが風が強くて寒いノシャップでした。いつもは抜海ですがここで利尻が見えるように願いながら1時間半も我慢しましたが駄目でした(笑)

そうそう実はノシャップからは何度行っても利尻が隠れる私には鬼門のような場所でしたから仕方ないですね。今回もやはり駄目でした。ルエランのほうに行っとけば良かったかな(笑)

稚内

こりゃ駄目じゃ、と言ってる間に帰りの列車の時間も迫り、稚内駅へ戻ります。

稚内

この宗谷バスターミナルも稚内駅前再開発で取り壊し予定でロータリーになるようです。私にとっては稚内駅同様なくなるのはちと寂しいです。ただ今回天気がいい日にせめて写真を撮ることが出来たので良かったです。

稚内

この稚内駅も今年中に取り壊し予定なので、もう見ることはないでしょう。大きく変わる稚内駅を最後にまた見ることが出来たのは幸いでした。手前にはまもなく開業予定の映画館が現在内装工事中のようでした。これで稚内駅前が賑わうといいですが駅が変われば私の足は遠のきそうです。。まぁ〜抜海駅や南駅愛用ということで(笑)

稚内

稚内駅前再開発、稚内駅にこんなものが飾られていました。さようなら稚内駅。。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

宗谷北線関連コンテンツ

宗谷線雪レ スケッチ@ 宗谷線雪レ スケッチA

冬の宗谷線スケッチ2011@ 冬の宗谷線スケッチ2011A

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏@ 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏A 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏B

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏C 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏D 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏E

宗谷本線 車窓の旅 春@ 宗谷本線 車窓の旅 春A 宗谷本線 車窓の旅 春B

宗谷本線各駅停車 車窓の旅@ 宗谷本線各駅停車 車窓の旅A 宗谷本線各駅停車 車窓の旅B

宗谷北線のアイヌ語地名 宗谷北線のアイヌ語地名A 宗谷北線のアイヌ語地名A

宗谷線 旅日記(08年)  厳寒の宗谷北線 スケッチ  早春の宗谷線スケッチ

礼文島関連コンテンツ

レプンシリ2008 @元地編  レプンシリ2008 A桃岩編  礼文島 知床編

礼文島 4時間コースのアイヌ語地名 礼文島 南部(桃知コース付近)のアイヌ語地名

利尻関連コンテンツ

稚内カムイトウ 利尻スケッチ2010  利尻スケッチ2010初夏@ 稚内市抜海村 利尻スケッチ2010初夏A 稚内市抜海村

抜海村利尻スケッチ2009@ 抜海村利尻スケッチ2009A

 稚内抜海村 利尻スケッチ 稚内抜海村 利尻スケッチ(08年・夏)  

利尻写真日記 利尻島のアイヌ語地名さんぽ@(鴛泊〜鬼脇)  利尻島アイヌ語地名さんぽA(鬼脇〜沓形)

利礼航路関連コンテンツ

Heart Land Ferry 最北航路の旅  利礼航路(東日本海フェリー)写真館  利礼航路(ハートランドフェリー)写真館 K

天北線関連コンテンツ

天北線さんぽ@(音威子府〜小頓別) 天北線さんぽA(小頓別〜敏音知) 天北線さんぽB(敏音知〜松音知)

天北線アさんぽC(松音知〜新弥生) 天北線さんぽD(新弥生〜浜頓別)

稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)@  稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)A

天北線のアイヌ語地名 

稚内・宗谷関連コンテンツ

稚内 声問アイヌ語地名さんぽ 稚内 増幌アイヌ語地名さんぽ にっぽん紀行 私的最北無人駅の旅

サロベツ原生花園スケッチ 2010 抜海原生花園スケッチ 2010 抜海駅 2010

稚内スケッチ 2010@  稚内スケッチ 2010A 南稚内駅

抜海 勇知アイヌ語地名さんぽ@ 抜海 勇知アイヌ語地名さんぽA 稚内 増幌川流域のアイヌ語地名河川

早春の稚内抜海村 利尻スケッチ  稚内 声問川のアイヌ語地名河川 稚内駅

宗谷・稚内 アイヌ語地名さんぽ 稚内市抜海村とサロベツ アイヌ語地名さんぽ  稚内・花柄クジラ号で行く最涯ネイチャー紀行

宗谷岬付近のアイヌ語地名@ 宗谷岬付近のアイヌ語地名A  稚内サロベツ抜海紀行 (2008年初春編)

吹雪の稚内さんぽ@(勇知編)  吹雪の稚内さんぽA(声問編)  利尻サロベツ抜海紀行 2007年

仮想・稚内西海岸鉄道の駅名標 仮想・宗谷岬鉄道の駅名標  ようこそ!稚内・抜海村 アザラシご案内

初夏の稚内・抜海村紀行 稚内・抜海浜辺の日記(08年・春)  稚 内 北防波堤ドーム

抜海村冬紀行05年 春の抜海村紀行06年 抜海駅