カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
稚内スケッチ 2010@

稚内

2010年春、今回は行く前からすったもんだしたりトラブルが発生し、果たして行く事ができるのか危ぶまれた稚内の旅でしたが、何とかギリギリ旅立つことができました。いつも泊まる抜海の宿も残念ながら休館時期で今回は市内のこまどりに泊まることになりました。いつもと勝手が違いますがこれも何かの縁、丁度稚内駅前も再開発途中で街も変わりつつあるので市内を中心に稚内を紹介したいと思います。今回の記録1回目です。

稚内

これでも私、こんなものです(^^;;普段殆ど役に立ってないのでせめてサイトを当して稚内観光のアピールの手助けをしちゃおうかなぁなんて思いますが。。。。所詮C級観光客ですので期待しないでください(爆)自慢になりませんが稚内経済には殆ど寄与できてないと思います♪

稚内

天気予報がころころ変わるこの季節、4月2日に道内に入りました。天気は予想に反し晴れ、富良野線に乗っていたらなんと千代ヶ丘駅前で火事、消防車や救急車に野次馬と小さい集落がごった返し、列車内もけむり臭くなりました。こんな緊迫した生火事を列車から見たのははじめてでした。

旭川から快速なよろで北上中に今度はなんと車両が根性が足りないらしく故障で運休(涙)、結局後続の列車で名寄駅へ行き、鈍行専用の切符なんですが今回は特別に特急サロベツで稚内まで乗せていただきました(感謝)とはいえ、名寄から先の景色が好きで鈍行でゆっくり見たかったし、途中の音威子府駅や雄信内駅・幌延駅での休憩、そして抜海浜へ行こうと考えていた計画はもろくも崩れ去り、今回は私の大殺界の最後の年にふさわしく?乱気の気配を感じながら夕方、稚内につきました。

写真は、特急サロベツの車窓から稚内市勇知付近の夕陽です。美味しそうな卵の黄身のような夕陽でした。

稚内

夕方6時すぎに稚内駅に到着♪、この時間にきたのは急行天北で来て以来だからもう20年以上前ですね(笑)やはり暗くなったなぁ〜と思いつつ駅前で思案。。。

飯食うべきか。。

写真の稚内駅前は現在再開発中、駅前(写真左)には大きい白亜の建物が完成し現在内装工事中、ここにはバスターミナルや日本最北の映画館が入ります。

稚内

さて、飯食うよりもやはり港でもと思い、北海道遺産に指定された稚内北防波堤ドームに来ました、丁度なんかいい雰囲気でした。

稚内港湾所の建築士:長谷 実 氏設計の半アーチ式ドームで昭和11年完成、昭和13年開業の稚内桟橋駅とともに稚泊航路の旅客や物資を波から守る重要な役割を果たした近代遺産です。

稚内

稚内北防波堤ドーム内に線路がしかれ稚内桟橋駅のホームもありました。夏場はここでテント張るライダーさんも良く見かけます。でも今は静か。。。

抜海

稚内北防波堤ドーム横には海上保安庁の巡視船「れぶん」が係留されています。以前は東日本海フェリーがいた場所ですが、フェリーターミナル移転時からこの「れぶん」が係留されるようになりました。駅も変わりましたが港も変化した稚内です。

稚内

さて港を楽しんでいたら時間が経ってしまい、時間がなくなりました(涙)稚内駅近くには、青い鳥(ラーメン店)ボリューム亭(洋食屋)お天気屋(喫茶店)といった有名店があります。青い鳥さんは休みでしたが、ボリューム亭は営業中、ボリューム好きな私はここに入りたかったんですが時間がないので諦めました(涙)

お天気屋さんは旅人に知られた有名店でリシリアンカレーが有名です。お天気やさんに行ったことない人はもぐりだ!なんて言われるぐらいのお店。。。何度稚内に行ってもお天気やさんすら行ったことがない私はずばり「もぐり」です(爆)

さて仕方が無いのでいつも利用する「相沢食料百貨店」に入ります。閉店間際。。もしや半額弁当がと期待したらお惣菜しか残ってませんでした(笑)結局明日のことを考えパンを購入し稚内経済に大貢献?それにしてもアーケード街7時前にしては寂しいなぁ。。。

稚内

さぁ〜仕方が無いので稚内駅の駅そばでも食べるかと思ったら。。閉まってました(涙)仕方ないので近くのコンビニで大江戸そばを購入、実に私らしい最北の晩餐となりました(^^;;;;;;;

稚内

稚内市こまどりから「グットも〜にんぐ♪」奥にうっすら宗谷岬、手前に声問岬が見えています。

稚内

朝5時ちょっとすぎ太陽が顔を出しました、今日の旅の無事を祈ります。

稚内

さて、今回の旅のメイン4月3日は宗谷岬方面を目指しますがそれは別の機会に紹介します、まずは時間があるので始発列車に乗るため南駅(南稚内駅)を目指します。駅近くにはこんな飲み屋街があります。

稚内

名寄行きの始発列車が来ました。乗客は私を入れても片手で余るほど(^^;;

稚内

ここがかの有名な最北の木造駅舎「抜海駅」です。憧れてくる人も多い駅です。何と言っても南極物語で高倉健さんや荻野目慶子さんが出てくる駅ですから(古っ)、私の場合は何度も来てるのでほっとするのが正直なところです。時間がないので今日は集落へ行くのを諦め南駅で戻ります。

稚内

4月ですがまだまだ雪が残る南駅前、声問行きのバスが来ました。

稚内

さて市内線の終点「潮見5丁目」に到着、ここから用事のため知人の家にお邪魔虫します。市内線の終点らしく待合所もあり小さなターミナルの感じで札幌行きの都市間バスも停車します。ここと南駅の間には「最北マック」「すき家」など私の身分にふさわしい?食処が結構あります。続きはその2でそのうち作ります。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

宗谷北線関連コンテンツ

宗谷線雪レ スケッチ@ 宗谷線雪レ スケッチA

冬の宗谷線スケッチ2011@ 冬の宗谷線スケッチ2011A

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏@ 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏A 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏B

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏C 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏D 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏E

宗谷本線 車窓の旅 春@ 宗谷本線 車窓の旅 春A 宗谷本線 車窓の旅 春B

宗谷本線各駅停車 車窓の旅@ 宗谷本線各駅停車 車窓の旅A 宗谷本線各駅停車 車窓の旅B

宗谷北線のアイヌ語地名 宗谷北線のアイヌ語地名A 宗谷北線のアイヌ語地名A

宗谷線 旅日記(08年)  厳寒の宗谷北線 スケッチ  早春の宗谷線スケッチ

礼文島関連コンテンツ

レプンシリ2008 @元地編  レプンシリ2008 A桃岩編  礼文島 知床編

礼文島 4時間コースのアイヌ語地名 礼文島 南部(桃知コース付近)のアイヌ語地名

利尻関連コンテンツ

稚内カムイトウ 利尻スケッチ2010  利尻スケッチ2010初夏@ 稚内市抜海村 利尻スケッチ2010初夏A 稚内市抜海村

抜海村利尻スケッチ2009@ 抜海村利尻スケッチ2009A

 稚内抜海村 利尻スケッチ 稚内抜海村 利尻スケッチ(08年・夏)  

利尻写真日記 利尻島のアイヌ語地名さんぽ@(鴛泊〜鬼脇)  利尻島アイヌ語地名さんぽA(鬼脇〜沓形)

利礼航路関連コンテンツ

Heart Land Ferry 最北航路の旅  利礼航路(東日本海フェリー)写真館  利礼航路(ハートランドフェリー)写真館 K

天北線関連コンテンツ

天北線さんぽ@(音威子府〜小頓別) 天北線さんぽA(小頓別〜敏音知) 天北線さんぽB(敏音知〜松音知)

天北線アさんぽC(松音知〜新弥生) 天北線さんぽD(新弥生〜浜頓別)

稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)@  稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)A

天北線のアイヌ語地名 

稚内・宗谷関連コンテンツ

稚内 声問アイヌ語地名さんぽ 稚内 増幌アイヌ語地名さんぽ にっぽん紀行 私的最北無人駅の旅

サロベツ原生花園スケッチ 2010 抜海原生花園スケッチ 2010 抜海駅 2010

稚内スケッチ 2010@  稚内スケッチ 2010A 南稚内駅

抜海 勇知アイヌ語地名さんぽ@ 抜海 勇知アイヌ語地名さんぽA 稚内 増幌川流域のアイヌ語地名河川

早春の稚内抜海村 利尻スケッチ  稚内 声問川のアイヌ語地名河川 稚内駅

宗谷・稚内 アイヌ語地名さんぽ 稚内市抜海村とサロベツ アイヌ語地名さんぽ  稚内・花柄クジラ号で行く最涯ネイチャー紀行

宗谷岬付近のアイヌ語地名@ 宗谷岬付近のアイヌ語地名A  稚内サロベツ抜海紀行 (2008年初春編)

吹雪の稚内さんぽ@(勇知編)  吹雪の稚内さんぽA(声問編)  利尻サロベツ抜海紀行 2007年

仮想・稚内西海岸鉄道の駅名標 仮想・宗谷岬鉄道の駅名標  ようこそ!稚内・抜海村 アザラシご案内

初夏の稚内・抜海村紀行 稚内・抜海浜辺の日記(08年・春)  稚 内 北防波堤ドーム

抜海村冬紀行05年 春の抜海村紀行06年 抜海駅