<<カムイミンタラに戻る
稚内半島アイヌ語地名さんぽ@

稚内

ちょっと古いのですが(汗)画像が復活したので2007年春の旅から稚内半島のさんぽです。稚内半島は宗谷岬のある半島の反対側ノシャップ岬にある半島で、稚内市街地もこちら側の半島にあります。

抜海から稚内側を見るとその半島の細長さが際立ちます。今回は起点のルエラン(坂の下)から又留内までです、ちなみにこの写真はカムイトーに上る道です、非常に急峻で雪のある時は到達不可です(雪山装備あれば別ですが)。

稚内

宗谷バス坂の下バス停、この当時は1〜2時間に1本ほど本数があったようです。ちなみにこの路線、稚内温泉のある冨士見からこの坂の下の区間は運賃が非常に高くなります。こちらに行く場合は南駅方角より行くのがベターです。地名はアイヌ語のルエラン=ル・エ・ラン(道・そこで・下る)からきたアイヌ語地名です、(松浦山川図ではルイラン)元は坂の上にあった地名でしょう。

このルエランには坂の下海水浴場やカムイトー(坂の下神社)など見所があり観光客でいつも賑わっています(うそ)。

稚内

まずはカムイトーを目指します♪

写真でも分かると思いますが見晴らしは最高な分、足を滑らせたらシャレにならない場所です。でもこの先に坂の下神社とカムイトーがあります。

稚内

春のカムイトー、まだ結氷してました。利尻とコラボできると神秘的なんですが主役の利尻さまも見えてません、アイヌ語のカムイ・ト(神・沼)からきたアイヌ語地名です。(松浦山川図ではカムイトウ)

稚内

稚内の西海岸、夕陽で有名な場所で冨士見地区までこんな景色が続きます。

稚内

現在稚内市の住所改変で西浜地区となってます(涙)。

稚内

陸側は段丘が続きます。

稚内

稚内市西浜にある西稚内漁港、利尻さまが下しか見えてません(涙)

稚内

豊浜バス停前にあった稚内西小中学校は残念ながら2015年に閉校、抜海小中学校が閉校の際、なんでここや勇知地区の学校でないのだろうと不思議に思ったものですが少子化の悲しさか2019年現在はすべて閉校してます。

ちなみに明治時代は潤内(ウロンナイ)尋常小学校というアイヌ語地名に因んだ学校名でした、ウロンナイは現在も神社や川あり場所的にはもっと北よりのため次回紹介します。

稚内

春のマタルナイ(又留内)にやってきました。夏は草が生い茂り、冬は雪に埋もれるので一番分かりやすい時期のマタルナイです。アイヌ語のマタ・ル・ナイ(冬・路・沢)からきたアイヌ語地名です。夏に使う道サクルと逆に冬に使う道だったようで松浦山川図にはマタルーと記載され冬積雪時に越える道と記されています。

冬は半島の反対側に出るための近道になっていたのかもしれません。

続きは上記画像をクリックしてください。

稚内、宗谷・サロベツの旅の項目はこちらからどうぞ。

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」